追悼 (少し遅れましたが) Yさん。




 涸沢岳西山稜  (古い友人Yさんのアルピニズムへの慟哭と決別の辞 もう40年も前の話)

 涸沢岳の西山稜は、頂上から一気に千八百米も蒲田川へ落ち込んでいた。左右にすっばり切れ落ちた雪稜は樹林帯へ入ってからも一向に傾斜を落さないで続いた。
 昨日の吹雪も、今朝は上っていた。
 私と仲間の十二人は昨日からまるでこの地獄へでも通じる様な西山稜を下っていた。もっとも、そう思うのは私一人だけで、連中にしてみれば十数日の滝谷での激しい闘いを勝取って身も心も天へも登る心地てあったかも知れない。

 長い長い急な気の休まらない下降で、私の身体はへとへとに疲れていた。二十余年間の私の山行に一度も背いたことのない私の足、谷川、穂高、剣、そして一の倉で、東壁で、八ツ峰で、滝谷で私を支え続けてくれた私の脚、私を雪と岩の俘にした私の足が私に向って叫び続ける。「もうだめです!もう歩けません」と「出合は近いんだ!後三十分だ!もう一寸なんだ、頑張れ!」私は私の足に向ってどなる。「だめです、もう本当にだめなんです!背中の荷物を持てって下さい、このままだったら倒れてしまいます、立っているだけがやっとです。歩くことなんか出来ません!」それは叫びと言うより悲鳴だった。私は膝の上に手を当てる。右脚をかばいながら左脚を支えながらヨタヨタとトレースを下る。ザックがゆれてバランスが崩れる。何というひどい、みじめな姿で。まるで八十を過きた老人が階段を下る姿ではないか。一体この私が今度の山行で何処を登って来たと言うんだ、「滝谷かい?」とんでもない、つい五日程前からこの西山稜を登り、奥穂の頂上に立って来ただけではないか、然も一昨日は白出のコルの奥穂の小屋で充分に休養を採っているはずではないか。それなのに私は転びそうになりながら西山稜を下る。

 前を行く若い仲間達からぐんぐんと引き離される。彼等は立止って私を待つ。彼等の荷物は私の何倍もの重量だ。私のザックは私の他人装備しか入っていない。またトップが立止る。私はようやく仲間に追い付く。
 「この辺で一休みしようや」リーダーが私に気兼ねして小休止を命じる。仲間がザックを下す。
 私は少し考えてからリーダーに言う。「すまないけど、ここで休まずに私だけ一人でゆっくり下ってもいいかい?」リーダーはだまってうなずく。「休んだ方がいいんではない」S君が私に語りかける。「有難とう、でも私は今一人で歩きたいんだ」S君に返した私の言葉は声にならなかった。私は一人でゆっくりと下り出す。

 私は悲しかった。何時かこの時が来ることは解っていた。私は淋しかった.その時が、今この私にやって来たことが。「体力の限界」
「年令の限界」それはもうどうしようもない事実だった。
 「もう私は駄目なんだ、もう私には冬の滝谷は登れないんだ」「もうお仕舞いなんだ、どんなに、頑張っても、もうこれが最後の最後なんだ」 「もう駄身なんだ、もう私は、あの厳しく、あの冷たい、あの素精しい岩壁へは登れないんだ」
 私は大声を上げて泣き出したかった。
 山を登り初めて二十数年、その間、ひたすらに私を駆り立てていたもの。
 病に倒れ、結婚をし、自立して仕事を初めた数年間、山を離れていたその間も忘れてはいなかったもの。三十の半近く、再び私を山へ呼ひ寄せた、その情熱の根源。「狂い咲き」と冷やかされても「我が道を行く」と笑って答えた私の心の底にあったもの。
 昭和四十年より今日まで連続十一年間を過した雪山での正月。四十四才、いや本当は後二十六日目には四十五才なんだ。私の年令、私の体力、それはもう冬の奥穂高三千百九十米の頂へ達することさえやっとなんだ。
 私は立ち止る。そして雪の上にそっと腰を下す。静かだ。誰もいない.小鳥の声が耳をかすめる。樅の梢の上に半月がかかっている。昨夜のボンボンテントでの語らいが耳の底に残っている。「年令に応じた山登りがあるはずですよ」 「先輩はもう年なんですからね」SやEの言葉を想い出す。私には答える力はなかった。ただ心の中では思っていた。「そんなことは解り切っている。今更お前達に説教されることはないんだ。世間の常識?それが一体何なんだ。そんなものからアルピニズムなんて生れて来はしない。常識を破り拾て、乗り越えてこそ進歩も発展もあるんだ。

 Sだって三十六才、Kだってもうすぐ三十才、共に二人の子持ちではないか、世間の常識からすれば、何だって年に一度の正月を冷凍庫の中で震えながらアイスキャンデーを喰う様な状態の冬山で迎えなければ気が済まないんだ。
 慰めは止めてくれ、私はもういいんだ。
 そりゃもう、もっとやりたいことが一杯あった。登りたい岩壁も限りなく残っている。だが、残念ながらもうあきらめざるを得ないんだ。私はもう駄目になってしまったんだ。Sよ、Kよ、そして私を連れて私に岩と雪山を登らせてくれた私の愛する山の仲間達よ、私は心の中で叫ぷ。「君達はまだ若いんだ。君達には、今日が、明日が、明後日がある。君達には滝谷で過した素精しい想い出がある。君達は、今一つの山行が終った喜びに満ちあふれている。それで良いんだ。それが若さなんだ。君達には次の山行があるんだ。」 「だが然し」と私は心の中で小さく呟く。「だが然し、君達にも最後があるんた。今の私の様になる時があるんだ。泣いても叫んでも、どうしようもないその時が、そんな遠くない或る日、突然にやってくる。オゾましい最後の日が、いつか必ずやってくる。だから、だからこそ、今を、一つ一つの山行を大事に、大事に登ってくれ」。 私はこの日の来ることを恐れていた。

 私はその日がいつ来るか、いつ来るかと恐れながら山へ登った。だから私は夢中になって山へ登った。ここ数年、特に四十才を過ぎてから、いつもこれが私の最後の山行になるかも知れないと思って山へ入った。だから私はガメツク登った。リーダーが無理だろうと言っても聞えないふりをした。私とザイルを組んでくれる仲間さえいれば私は登った。パートナーが、いやだと思い、迷惑だと心の中で思っていても、知らん顔をしてザイルを組んだ。私には時間がなかったんだ。私には次の山行を考える余裕なんてなかったんだ。時が追っていたんだ。
 去年の正月の滝谷、KとHとの三人で取付いた第三尾根、腰を下せるだけの小さなテラスで過した寒くて長かった一夜、そして、クタクタに疲れ、ヨレヨレになって下った西山稜。
 でもあの時はまだ言訳になる材料が沢山あった。ルートを間違えたから、ビバークしたから。食糧も水もコンロもなかったから。でもその時、私には予感があつた。もうすぐ、その時の来ることが。
 去年、穂高での夏山、前穂の北壁よりAフエース、滝谷、P2フランケ芝工大ルートよりドーム北壁への連続登攀
 秋、雨降る中で登った一の倉南稜
 どれも皆、追い付められる様な、そんな気持で私は登った。そして今年のこの西山稜・・・・・・
 言い訳になり、こじつけになる材料は一つもなかった。いくら考えても緒論は同じだった。「もう私はお仕舞いなんだ」と。あきらめよう。私は自分自身に言い聞かせて立上った。そして、またゆっくりと下り始めた。
 突然、平になった。雪のトレースが右と左に分れた。左のトレースは西山稜に戻るかの様に急に曲っていた。私は一瞬びっくりした。
だが、驚くことはない。考えてみれは、そこは西山稜の取付点だった。右のルートは槍平へのトレースだ。私は左へ曲って先を急いた。
私は私の最後の姿を仲間に見せたくはなかった。いや見られたくはなかったのだ。
 視野が開けて来た。白出沢との出合だった。ザックを下してアイゼンを外す。
 やがて仲間達の元気な姿が近づいて来た。
一九七五年一月四日午前八時二十分。私の冬山が終わった。


昔からの先輩であり友人であるYさんのアルピニズム実践者としての決別の辞を40年前の文献から転載しました。彼は実践者としては引退しましたが、その後も種々の山に出掛け、現在に至るまで変わらぬ情熱で若手クライマーの育成に努め、ますます健在です。そして今、私はその時の彼よりもっと年をとりました。



2000年 Yさんは山岳スポーツの健全普及の功労者として褒章を授与された。みな山岳SCに集まって盛大にお祝いをしました。
2014年6月 私の尊敬するYさんは天寿を全うしました。奥様も後を追うように数ヶ月後にお亡くなりになりました。
長い間お疲れ様でした。山の喜びを教えてくれてありがとうございました。 どうぞゆっくりお休み下さい。20150206マシラ付記