残念!
今回は山の話じゃない!


 変な爺さんに掴まっちゃった。ちょっと前の、先週のことさ。

 まったく
 なんで「俺に声をかけるんだよー」 出来きるなら、今からでもほかの人に変えられない?と思った。
 逃げるに逃げられず
 やってられないよ〜
 面倒くさがり屋なんだよ マシラは

 そもそも、声をかけられやすいタイプなんだろう。今年に入ってまだ五ヶ月というのに、なんちゃって警察官の職務質問を3回も受けているんだもん。

 一度目・二度目は目の前をいきなり遮る二人に
『もしもし 旦那さん ちょっとよろしいですか』
『どちらに行かれますか』
『申し訳ないですが公務の協力をお願いしたいのですが』
 丁寧な口使いだが菊の紋章がきらきら輝くワッペン形の手帳をかざして、そのような口上がなされると、とっさに「職務質問ですか」と、さも、おれはそんなこと慣れきっているよ とばかりに平静さを装うが、体はギクッと硬直するのさ。
 あいては目つきの鋭い大の大人だよ。もし、警察手帳がなかったらユスリかたかりか、どっちしか考えられない。実際にそんな場面を遠い昔に2回くらい経験しているけど、その時は相手は一人だったし、走力には自信があったから全力疾走で逃げた。でも今回のように二人で前後をふさがれると逃げ出すのは難しい。

 まして菊の紋章を振りかざす警察官に前後に挟まれていては職務質問を断れる分けないじゃん。
 そして『鞄の中、拝見しても良いですか』
 『この自転車 あなたのですか』
 なんていう質問につきあわされる事になるわけよ
 ようは自転車ドロボーと二回も疑われたわけさ。昨年も二回ばかり巡回中のお巡りさんに呼び止められたが、こんままのペースで行けば今年は五回は行けるかもしれない。

 答えは「ハイどうぞ」 「私のです」と簡単に答えるだけで良いのだが、緊張のあまり口はモグモグ状態に陥り、すぐには返答できない。そうすると、相手から見れば、ますますうさんくささが増していくのだろうか、質問がしつこくなる。幸い2回とも所持品に不審無し、自転車の防犯登録も本人確認も申し出事項と整合していて矛盾無しということで五分後には
『ご苦労様 ありがとうございました』との声で解放となるんだが、その間中は正直心臓ドキドキだ。だって叩く場所を選べば埃は出るもん。例えば、立ち入り禁止とかかれた警告版を無視して他人様の山に無断で入った事もつい先だってのことだ。会社の女子社員の尻に何気に触れて、あれだって相手が訴えればセクハラだよな。それに子供の頃、隣の果樹園に手を差し入れてブドウを食べたのも立派な窃盗さ。一番の心配はユミコちゃんに、「結婚してくれ 必ず俺は偉くなって運転手付きの車に乗り、お前には楽をさせてあげるから」って言ったのが、今になっても我が家には車一台なく、運転手付きなんて一体だれのことかとほざいているんだから口から出任せの真っ赤な嘘ということが明白だから、いつ
『詐欺!』だとユミコちゃんに訴えられても「罪状は全て事実です」としか答弁のしようがないんだ。絶対に抗弁なんか出来ないと思う。申し訳ない。嘘ばっかりの人生街道 邁進中!

 警察官職質の話をユミコちゃんに話したら
『そりゃあ あなたが声をかけやすいと人ということではなくて、単に胡散臭いということでしょ』とたしなめられた。確かにそうだな。
夜遅く、住宅街の細い路を縫ってぶらぶら歩いて歩く。サラリーマン風にネクタイでも締めていればまだしも、マシラは逃げ足を確保するため一年三百六十五日通勤時だってポロシャツに運動靴さ。これに弁当箱の入った大きな鞄を携えて歩くわけよ。さも曰くありげに思われるんだろう。そもそも人面も自分自身では悪いとは思っていないが、50過ぎたら男は自分の顔に責任持てと言われているように日頃の行いから形成されたマシラの面構えは他人様から見たらそうとうに怪しげなんだろうな。

 さて、そんなマシラが今日は会社から歩いて帰宅する。40分ほどかかるが気分転換にはちょうど良い距離だと思っている。いつもよりは、やや早帰りの21時30分だから歩こうと思ったのさ。

 パチンコ屋さんの裏の駐車場にさしかかる。
 郊外の小さなパチンコ屋の第五駐車場。お店からは200m以上は離れた畑の中にある。下弦の月がかかり、その下に薄暗く街灯の明かりが駐車場の看板を照らし、桑の木の畑に陰を投げかける。パチンコ屋はもう閉まった後だろうか駐車場には数台の車が置かれているだけでがらんとしている。犬の散歩に歩く人の姿も、この時間になると途絶えて寂しい。

闇に消え入りそうな声がささやく 
『もしもし 旦那さん』

  「はいはい 何っ」

『本厚木の駅の方向はどっちですか』

  「何っ 本厚木?」

小さな声が街灯の下から聞こえた。

 背の低い爺さんだった。身の丈五尺あるか否か。野球帽をかぶり薄白いウィンドブレーカー、運動靴。マシラが二十数年の歳を重ねると、きっと同じ風体になるんだろう。そんな爺さんが声をかけてきたんだった。

『本厚木の駅の方向はこっちでいいんですかね』
おずおずと
口調は丁寧だから悪い人では無いらしい。

   「この道を100m進み、左に曲がり200m程歩いたらN陶器の裏に出る。辻が神奈中の車庫だから、その横をもう100m進めばバス通りだよ。右が左どっちでも良いけど50mも歩けばバス停があるから、そこからバスに乗れば」と指を差して答えた。

  「ところで、いま何時」 
マシラは時計は持っていない。携帯ももたない。爺さんの腕時計をのぞき込み
  「あっすぐ10時(22時)じゃん 多分25分くらいに最終バスがあるから、まだ十分間にあうよ」

『おれは本厚木に行きたい 本厚木はどっちですか』
  「だから本厚木に行くにはバスに乗っていけば良いんだから、こっちに行くんだよ 大丈夫」
口元のにおいをかいだが酔っている雰囲気はない。もう一度、バス停への道筋を示し

  「じゃあ」と言って彼と別れる。マシラは100m進んだら左に折れて進む。もう10分も歩けば自宅だ。

 だが、その角で、ついつい振り返って彼を見た。

 道を尋ねられて答えるのは生き物として当然の条件反射でだったが、ちょっとした面倒を背負い込んだのは、この振り返りが源だった。

 さっき、別れた地点から20m程の場所に
   「道を教えたのは良いけど、あの人、次の角で方向を間違えないだろうか」そんな風な頼りなげに歩く爺さんの姿が薄ぼんやりとあった。もしも三十数年前に山で仕事中に亡くなったマシラの親父がまだ生きているとするとちょうど同じ年代にあたる。

 道を聞かれた以上はバス停まで案内する責任があるんじゃないか? 
 とっさにそう感じた。

<写真削除 20100725>
郊外パチンコ屋さんの 一番遠い場所の駐車場


 彼の所まで戻り「バス道路まで案内するから」と袖を半場強引に引いて歩き出した。爺さんは『大丈夫 行けるから』とは言うが、こうなったらヤムをえない。バス停まで行ったって、せいぜい1k程度の遠回りだけさ。自宅まで3kmも4kmも違いはありはしない。5分か10分の遠回りさ。
 100m先の辻で袖を離す。「こっちだから」と先行して歩く。しかし『まだかね』という彼にはたった100mも長い距離だったらしい。すぐに二人のまに間があいてしまい、歩く時間より振り返りって立ち止まる時間の方が5倍も長い。時速で言えば1km以下だ。いらいらする。最終バスに間に合うだろうか。
 通常は会社前から本厚木行きの最終バス22:15に合わせて帰宅することが多い。これが、こっち方面から本厚木に向かう全ての路線が合わさった最終バスである。だから途中のバス停の時刻もおおよそは見当がつく。まばらな街頭の下を二つの陰がくっつき離れて立ち止まり歩く。

   「ところで お爺さん 今日はどこから来たの」
『俺は伊勢原から歩いてきたんだ』
  「へえ 伊勢原から〜 どうやって歩いてきたのかい」世の中元気な爺さんがいたもんだと感心する。
『バス道路を歩いてきたんだよ〜』
  「なんで」 ちょっと 「ええっえ」とした気分
『なんでって言っても このあたりにちょっとした用があってよ』
 「用って?」ちょっと、興味がわく
『ちょっとした用だよ』 なんだろう

  「で、ここがどこだか分かる?」
『厚木の親戚の近くさ』
  「親戚が近くにいるのかい?」
『いるよ』
  「そこに戻った方が良くないか」時間も時間だ。年寄りが出歩くにはもう十分に遅い
『その家には今日はもう行けないんだ だから伊勢原に帰るんだ』

  「でも、もう22時だよ 家には連絡した?。だれか心配していないの? 迎えに来てくれる人は居ないかな」
『俺は一人暮らしだから連絡はいらない』
  「ホント?」 だんだん、この爺さんの言っていることが疑わしくはなった。何言ってるんだろう?

  「だけど、この時間にだよ あなた、さっき歩いて帰ると言ったけど伊勢原まで何時間かけて歩くつもりなんだよ」
たまらず再び袖を引いて歩き、ついつい設問調になって聴き尋ねる。
それにしても、もしも、この調子で歩いたとしたら本厚木駅までは休憩時間無しにしても7時間以上はかかるだろう。伊勢原までに歩いたら二泊三日の大旅行になる。そこを歩いて帰ると言っている本人なのに、バス道路までの400mの間に『まだかね』ともう歩きたくないと言わんばかりに四回も聞くんだ。


   「親戚でもなんでも連絡した方が良いよ あんたを送り出した親戚も無責任だよな もう夜だというのに 連絡先番号分かれば俺が電話してあげるから」
『俺は一人暮らしだから連絡はつかないし、つける必要もないんだよ』
『ともかく伊勢原に帰る』
10時20分 ようやくバス道路に出る。50m先がバス停
   「ほら ここがバス停だよ ここから乗れば本厚木に着くから もうすぐ最終バスが来るからさ」
『おれはバスには乗らない』
   「えっぇぇっ バスに乗らないって言ったって その足では本厚木の駅に着く頃にゃあ 夜が明けちゃうよ どうやって帰るんだよ 伊勢原まで歩いてなんて帰れる訳がないだろう」  なに言ってるんだろう この爺さん

   「もしかしてバス代 持ってないのか?」
   「パチンコかなんかでスッテさ!」

 そのとおり、金は持ってないという。家を出たときにはたくさん持っていたが、親戚の家に預けて『歩いて帰る」と言付けて歩き始めたという。
   「そんなこと言ったって その遅さで歩いたら家に着くまでたくさん時間がかかるよ 腹だって空くじゃん 飯はどうするんだよ」
   「ともかくもバスに乗って帰りなヨ バス代は200くらいのはずだから ほら400円貸してあげるから これで伊勢原まで電車に乗れる 返さなくてもいいから」
 マシラは無責任屋だ。たとえば、生産を任されているのに計画に対して大幅に少ない数しか出荷できていないのに、
   「土曜も日曜日も休出してがんばってやっているのに達成できないのは私のせいじゃない」と他人に責任転嫁をはかるための言い訳をたらたらするような結果が如実に示している。
 今回の場合、バスにさえ乗せれば「俺の責任は免責さ」後は知らんぞ 「やっかい役と手を切れる」 と内心では思ったのさ。そのための経費として400円は安い。安心料と他人に親切にしてあげた自己満足充足度合いを合わせるとタダみたいなものさ。本当にずるい人間だとおもう。

 しかし、こんなやりとりをしているうちにいったん止まったバスは、マシラら二人は乗客では無いと判断したか発車して行ってしまった。
 しょうがない。バスがダメならタクシーで送るか
 でも残念 マシラは貧乏人さ。この時間帯では保有する千円札2枚では本厚木まではつかない。それにバス代以上を出す義理もない。
 でも、『バス道路はどこか』と一度は尋ねられ答えたのだ。彼の安全を確保する義務は、あの角で振り返り「なら そこまで案内するよ」と言ったからには背負い込んだことになるんだな。何とかしなければ。何しろ このペースで歩いたら、爺さんはともかくマシラの自宅へだって6時間以上ははかかるだろう。
 そこで、考えた。おそらく、この爺さん 見た目はしっかりしているけど徘徊老人かもしれないとね。寸借師には見えないがはてさて、その可能性も捨てきれんゾ。
 そんな場合の困窮者を保護する機関は 「警察か 消防か」事件事故病気以外でも「だったら」と相談には乗ってくれるんだろう。20分歩いたコンビニの店頭に公衆電話があった。
   「お爺さん 俺も早く帰りたい。爺さんを本厚木まで案内して歩くわけにはいかないんだ。悪いけど警察に相談させてもらうから 多分 お爺さんの話を聞いて送り届けてくれると思うから送ってもらってくれ」

 お爺さんはヤダとは言った。しかし、それを聞いている訳にはいかない。じゃあ その間、先に行っているという爺さんを目で追いかけながら電話のダイヤルを回す。店の中から店員さんがこちらの様子を見ている。

『事件ですか 事故ですか』

 事件でも事故でも無いこと。事のいきさつをお話しする。
『今・松蓮寺のコンビニの電話ですよね』警察の発信元探知は早い。
『その爺さん 今どうしています。 えっ 本厚木方向に歩いているんですか 風体は?』
 警察が来るまでその爺さんとともに歩いていますからと伝えて、爺さんを追う。電話時間はせいぜい2分ほどだった。

 爺さんの足取りなら80mも行かない内に追いつくだろう。ところがバス停まで大急ぎで歩いたのに爺さんいないのだ。道行く人に
「こんな爺さん 歩いていなかった?」と5人に訪ねたのに知らないという。途中の飲み屋のカウンターに似た風体の人がいないかと覗き込むと『イラッシャイ』の声がかかる。似た風体の人に
「さっきの爺さんでは無いですよね」とすっとんきょな質問をして笑われる。そうやってバス停までの間を二往復し、路地を覗き込んで暗がりに座り込んでいる人はいないかと確認する。この間に、とっくに来るだろうと想定した警察のパトカーが来た気配はない。一体どうなっているんだよ

 こうして、10(22)時過ぎには着くだろうと思った自宅に着いたのは、とっぷりと午前様だった。

 警察に電話を入れ「先ほどの電話の直後に見失った」旨を伝える。『ご苦労様でした。これからも情報提供よろしくお願いします』とのねぎらいの言葉が唯一嬉しいことだった。
 「申し訳ないけど、あの爺さんに何があっても、今の電話連絡で爺さんの安全に関しては免責だ」と受話器を置いた時のムニャムヤした気持ちは忘れない。
 出来ることなら、金儲けや楽な生活につながるような人のつながりの方が嬉しいんだけど、こんな風にマシラって人に声をかけらるタイプらしい。本当に疲れる二時間だった。
 もう二度と人に道を教えるのは止めとこう。


 想像するところ、あの爺さんは悪い奴ではない。ただマシラが「警察に連絡して保護してもらおう」と言ったのが気にいらなかったんだろう。だって、身に不正の覚えなんかなくとも、小さい頃から
 『おイタをするとお巡りさんがきますよ』
お巡りさんが憲兵に変わる時代もあったが、そう親に言われて育った世代だから、すこしくらい惚けてきたとしても「警察」と言う言葉に無条件に頭が覚醒して『ヤバイ 逃げなくては』と思うのは当然だろう。おかげで悪い足を引きずり、ともかくもその辺の暗がりに隠れて身の安全をはかる羽目に陥らせてしまったんだろう。
 ゴメンな あの爺さんに悪いことを言ったものさ。

 出来ることなら、金儲けや楽な生活につながるような人のつながりの方が嬉しいんだけど、こんな風にマシラって人に声をかけらるタイプらしい。本当に疲れる三時間だった。
 もう二度と人に道を教えるのは止めとこう。


=====