Kへ

心残りは山のようだったよな。
でも、俺にいったい何ができるっていうのか。
うろたえているだけで時の過ぎてしまうのを待ち
そして忘れてしまうのだろう。
いつものように

時計が止まったよ。
12年前に届けてくれ、今までをつないできたあの時計
今までは確かに時をつないでいたのに
動きのもとを失い黙って止まってしまいました。

初めての出会いから仕事して、仕事して
A工場のコンベアライン、R事業所の主軸プラント設計、H会社の生産ライン
E会社の物流システム、G工場の自動化ライン、ロス郊外の工場への展開
汗を流し、騒ぎ、喚き、罵りあい、
なぐさめあい、ちかいあい
今に至り、これからまだまだ続く予定でいたのに

疲れましたか
残念でしたか
仕残しが多すぎるとおもいませんか
まだまだやってもらうことが沢山あったのに
すこし整理したいと思いませんか

生まれてきたことを有難かったと思っていますか、
精いっぱい頑張ってきましたか、
家族に感謝していますか、
そしていい人生でしたか

勿論・みんなイエスだったと言ってくれますよね
誰にも負けないくらいいい生き方をしてきたといえますよね
ちょっと早すぎた気もしますが

壁に掛けた時計は電池を入れ換えることでまた動く。
12年前とすこしも変わらないように、何事もなかったかのように
でも一度止まったアナタの時は再び動くことは無いのを知っている。
有限の時間の中で出会い、別れる。
そんなこと誰にいわれなくとも分かりきった事。
でも愚かにもこんな別れの時でないと思いだせない。
今日、金木犀の香りがただよいはじめまた。

  有難う、ご苦労様、
  よく頭張りましたね
  さようなら
  おやすみください
  
           Kへ

1994/09/19<20111221机整理をしていて出てきた弔事>
あいつが生きていたら、きっとおれの上司になっていただろう。
統率力あり、明るくとことんやるやるだった。
良い奴はみんな早く逝ってしまう。