17年前に、あいつが逝って
今年もその季節がやってきて、今度はFが逝く。
全く同じ病気に同じ経過をたどり
やっぱりな とため息つく。
季節まで一週間の誤差範囲に収まってやがる。
律儀なあいつらしい

【写真削除 091129】
宮ヶ瀬湖周辺から高取山仏果山 2007/10/07PM3:00

そのF 二つ上の上司と言ったって、同い年の同期

25年前、なんかの縁で仕事を一緒に行ったのが腐れ縁の始まりで
得意分野はまるで違うけど
新しいプロジェクトがあれば呼んで呼ばれてを二度三度
おい、おまえと呼び合って行う仕事は
楽しくもあり、苦しくもあった年月だが今日の葬送お手伝いでお別れだ。

金木犀が香ると思い出すのが一人から二人に増え
次はボチボチ俺かよ、準備しておかなくちゃ遅れるぞと嘯こう。

今から、行けるところは、せいぜい宮ヶ瀬湖周回だ。
雲が高く、山の上にたなびき、空は澄むのに
自転車のペダルがやけに重かった。


たまには山にと考えても
二十数年の間、けなしけなされ一緒に仕事してきた仲間の葬送となれば
何は置いてもお手伝いに駆けつけなくちゃいわけには行かないだろうさ。
Fが去り、忠誠の大きな枷が無くなった。
さあ、どうしようか、これから
【写真削除 091129】
帰路、飯山で柿を「おばちゃん 数は少なくとも粒は選んでいい?」といって買う\200
義理と人情で会社を渡るマシラ
とりあえず、今週も山は休みだな。

2007/10/07 秋空に雲高く風渡る


家を出るときは夜露かと思えるほどの僅かな雨だった。
金木犀が香り 17年前のことを思い出す。
あいつがいればと・・ なせぬことを
いまだにくよくよしている自分にあきれる。

山はきっと歩ける程度には大丈夫な天気だろう。でもホントにそうかな?

【写真削除 091129】
滝口沢 F1 雨空に谷間では夜も明けぬ 今の気分そのものかも

富士裾野への送迎バスと人が列をなす松田の町
なのに山へのバスに乗った客は一人。
すぐに眠り込み、車は山間を行く。
谷峨清水橋あたりの窓を叩く雨音で目が覚め 悪いほうに山勘がぶれたのがわかった。
よくあることさ。何時ものことじゃないか。

せっかくの山遊びの気分に浸れると出かけてきたのだから
強気の場合なら「ドンマイ・なにも問題なし」と山に突入するのに
今日はやめたやめたと弱気の風が胸の中にビューッと吹き、神縄で降車する。

帰りのバスの時刻に合わせ、滝を二つ(滝口沢の大滝、坊主作の滝)見て、今日の山遊びはジ・エンド
残りの時間はユミコちゃんといちゃつき過ごそうというもんだ。
【写真削除 091129】
滝口滝(神縄) 洞窟にこもり神仏に「助け下さい」と手を合わせすがってみるか

写真集です


自宅4:55〜本厚木〜新松田〜窓打つ雨に予定変更:神縄(滝口沢)〜坊主作の滝(湯本平)〜谷峨7:57〜自宅9:10

2007/09/29  雨 帰路/谷峨駅舎には雨宿り中の登山者多数<マシラ>





<写真削除 20100725>
070923の 宮ヶ瀬尾根 雨じゃんじゃん浴びて自転車ではしる
一人残った休日の仕事場で

と口が無意識に唄った。

言わずとしれた討匪行のメロディだ。
どこまで行っても、どこまでやっても 
行く先に光明というものがあるのか無いのか
戦意を鼓舞するはずの公認の軍歌が
厭戦を想像させるこの唄が今の気分にピッタシカンカンで
思わず口から出たんだろう。


あ〜ぁ こんな気分では山に行く気も起こらず
今は ウツ
嵐が頭の上を通り過ぎるのを穴の中で首を縮こまらせ じっと待つ
しばし がまんがまん。

そんなわけで体は元気だけど心が病んでいるので今週も山話しはパス(今月中続く予定)となってます。

2007/09/15<マシラ>