今年の反省

 過去から時は未来に一方向にだけ進む。絶対と思われるこの事だって”なぜっ”っていう子どもへの納得性のある返答は無いらしい。真理絶対の分野でさえもそうなのに、あやうさ溢れる世の中に絶対にという枕詞をつけられる確実なことなど、ごく僅かだろう。だからこそ、人は混沌とした世の不確かさの中にこそ夢を見る。未来というものが想像した程には良いものではなさそうだと分別できそうな年になっても、少しくらいならと夢は見続けていたいと考えるのが人間らしい。

 そう思うから”今年こそ”なんてことを初詣の時にお祈りするのだ。
 でもお願いすることが例年宝くじが当たることとか、厭な仕事から逃げ出したい、事故に遭いませんようにとかの事が示すように、偶然に頼っての幸運頼みか、今の苦しいことから楽になりさえすればという類のマイナス思考一辺倒に凝り固まっているのがマシラの場合の問題点だと感じていた。
 もっとアグレッシブに物事に取り組まなくちゃと今年の念頭には、お願い事を変えようとはした。しかしネ、生き方にポリシーとか信念を持っていない人間がカミサマの前に立つ段になった時だけは物事を真摯に考えることが出来るなんていうようにはならないだろう。
 う〜ん 何だっけ 何頼むんだっけ
  超・金持ちになりたい。
  超・有名になりたい。
  超・長生きできますように
  超・清く正しく生きたい。
 ダメだめ そんな抽象的な願い事ではだめだ。神様も忙しい。

 もっと願い事に具体性を持たせないと頼まれた方だって、何をどう始末すれば、願掛け人の願い事をかなえたことになるか分からないから判断する時間が必要なのに、まして初詣みたいな超繁忙時には神様の能力を持ってしても、四方八方から賽銭箱に投げ入れられた金額を確認するのに手一杯で領収証さえも出せない状況なのだから一人一人を吟味して対応している時間なんてとれないだろうってことはボンクラ人間だってわかるだろう。

 そんな状況の初詣は今年もした。お賽銭はほうり投げ、なにやら頼み事を申し上げたつもりだったが、後ろの人に押し出されるように入れ変わった瞬間に願い事が何だったのか忘れてしまった。マシラ以外だって、そんなもんだろう。だれか違うというなら神様からの領収書見せてくれないか。

山の神(唐沢川 (2006)

 そんな悪たれ言い放った結果か、今年は最悪の一年になってしまった。
 だれだよ”いい気味だ”なんて言ってるのは!

 仕事では生産の大波小波の狭間で揺られに揺れて、神奈川沖浪裏の舟板一枚下は生地獄のような船酔い状態が途切れること無かった。春休みもなく、夏休みはカレンダーの上だけの話しだった。幸い波間に沈まなかったのは、使った金が大きすぎて、だれもが責任取りたくないという組織の事情によるんではないかとだれかがささやいていた。これはもっけの幸い。マシラにとっては棚ぼたのようなものだ。

 健康・体調面は、最悪へのシナリオを一直線に進む。幸い傾斜度に変化無く、このまま維持していけば「死ぬまでは何とか保つでしょう」とは言われているが、「かぜ」は悪さが加速度絶対に変化するから絶対にかからないようと念押しされている身では、未来に対して安心は全く出来ない。

 運動能力面ではどうか。健康面では不安はあるが、こっちは至ってOKのつもりだった。11月2日まではネ。
 11月3日を異次元突入の特異点として、それ以降は急降下し続け、12月末の今日時点では、ユミコちゃん曰く
「あんた 年取ったね 40そこそこだったはずなのに、今はどう見ても60歳は越えて見えるから、キライだ」って言われているから、たった二ヶ月で20年分の年を取って、今浦島太郎って言われるマシラってことになる。
 そりゃあ、そうかも知れない。いまだ歯は抜けたままで、全部の歯が入るのは来年8月の予定になっていて、歯の抜けてサ行の発音は締まりなく、タ行は切れ悪く、そんなマシラの発音は全く総入れ歯を外してしゃべる老人の言葉そのものなんだから「口を利かないで」って言うユミコちゃんに反論も出来ない。それに加齢臭に熊臭も加わって最悪だ。おまけに治療と称してステロイド注射まで打たれ、ドーピングに引っかかりオリンピックに出られない体になってしまった。あのクマちゃん、今頃どうしていることか。ちょっと恨み言を聞かせてやりたいよな。

 な〜に、なにもかも神様仏様が悪いわけではない。反省しなくってもいいよ。マシラ自身の問題が一番大きいって事くらいは自覚しているから。だけど、精神的に弱いマシラ様だ。何事かに責任を押しつけて気を軽くしたいんだから、お賽銭代だと思ってがまんしてくれよ。

 それに、全てが悪かったわけではない
 マシラがニ週間や三週間、会社に行かなくとも工場は平常に稼働していたし、歯科インプラントに必要な費用(7本分×■■万円)はユミコちゃんが工面してくれるという。娘はテレビも暖房機器もない貧乏耐久生活に突入したっぽいが巣立っていった。息子は愚れもせず素直に育ち、残り三ヶ月の学校生活をエンジョイ中で親の責任はごく僅かめ。今のところユミコちゃんに見切りを着けられていないというのが最もありがたい。

 以上のように、悪いことを思い出すと”最悪”と思える反面、良いことを並べてみると”いい年だったじゃないか”と考えることもできるんだから、幸せは気分次第ってことか。

 そして来年には来年の風が吹く。ケセラ・セラ
 とは思いつつも、今はどこの神社へ初詣に行こうかを検討中。どの神社にするかは、どこが簡単便利で一番御利益があるかであり、来年は”何をどうしたいのか”ということは”山に行く許可がユミコちゃんから何とかいただけますように”ってことを除くと、おそらく賽銭箱の前に立つまで考えないだろう。例年通りということだ。

 きっと来年も年末になると同じような反省を繰り返すのだろう。
 そして時は後戻りせず脳みそは進化しないのに歳だけが積み重なっていく。なんともメデタイ歳の瀬であり、歳の始めだ。

以上 今年一年寝ぼけた下手くそな文におつきあいいただいた皆様、ありがとうございました。
来年もよろしく、おつきあい下さい。
ネズミ長者のおこぼれがありましたら、おわけいたする所存であります。誓います。どうぞ良い年をお迎え下さい。

今年の夢(抱負)超手抜き編

他に何があると言うんだ。そうそう、山に置いてきた、メガネがゴミにならないうちに回収することを是非とも付け加えておこう。
ちょっと厳しそうだが、来春が来るころの大雨が降る前なら可能かも知れない。ユミコちゃんからそこに行っても良いという認可が出るかどうかというのが一番の難問で、この部分を是非とも神様のお慈悲におすがりしましょう。