連休は自転車三昧で楽しむ
というのはウソ

本当は、
制限されているけど、ビールは飲みたい。
連休中くらい良いジャンかよ〜
えっ ダメッ そんな〜
だったら、その分だけカロリーを消費すればいいんだろう。
その結果が自転車乗り回すという行動になっただけ。

そんなんだったら、わざわざ苦労する事はない。喰わなければいいのに
と言うのは生きるという本性が分かっていないと思う。
本能には勝てない。

腹の空いた犬の目の前の皿に食べ物が盛られてあれば
飼い主に忠実に従うという犬だって
飼い主がセットしたと分かっていれば、「まてっ」の言葉があっても、いつかの瞬間に口にする。
だめな犬は一分が我慢する限界であり
良く訓練された犬ならば一日くらいは我慢するかも知れないが
所詮、時間軸の長短差はあっても我慢には限界がある。

休みの日に出かける効能は
家にいれば、ついつい置いてある食べ物を食べてしまうが
自転車で走っている間は食べる暇がない。
それだけでも十分なカロリー取得コントロールになる。
その上の走行だからエネルギーをたくさん使う必要はない。
目的は帰ってから飲むカロリー分だけ走ればいいからゆっくりでいい。
走り終わっても、直後は体の疲労回復が先行して食欲は抑制ぎみだ。
それに、走れば、いろんな景色が楽しめるという利点もある。
金もかからない。
そんなわけで、連休中は自転車で軽くのジョグを連日繰り返した。

行き先は車と赤信号が少ない宮ヶ瀬が中心になる。
大汗をかくほどの気温はなく、頬に当たる風は涼しく、
湖の周りの山々の緑が鮮やかなので、この季節は特に爽快な気分で走れるのがいいな。
たとえ抜いていく自転車があっても、決してそれには反応しないのが最近の走りの特徴だ。
良くも悪くもマイペースになりつつあるのかな。
と思う。


<写真削除 20100725>
宮ヶ瀬 山びこ大橋から宮ヶ瀬尾根

宮ヶ瀬 鳥居原園地から(園地には津久井地区の売店あり)

宮ヶ瀬

宮ヶ瀬 水沢橋の上の瀬

宮ヶ瀬 水沢川 八丁の滝は頭部分だけ残して本体は湖の中

鳥屋の旧家

 城山 小倉橋(上下)


高田橋 鯉の大群