どうも調子が出ない。
 外が暗くなると、本日中に終えておかねばならない仕事のことより、さあ何時に帰ろうかという気持ちの方が強くなる。少なくとも当週残日数の実施項目くらいは決めておかなければならないのに「明日の事は明日の朝に」なんて、ついつい先延ばししてしまう。それに次年度活動の胸算用も立てておかないと、提出〆日にまともな計画数字の提出ができなくて迷惑を掛けてしまう。そういうことは従来なら今頃の時期には夜なべを行い対応していたが、今年はそれをなぜか面倒に思ってしまう。
 そんな先の事では無くとも、例えば昨日の工程トラブルに対しても、「後は頼む」と言って22時には帰宅してしまいたくなる。ちょっと前なら、こうでは無かったはずなのに。

 それは山に対しても同じである。
 まだまだウォームアップ中だからとか、今週は天気がちょっと不安だからなんて寝言垂れては、ぬくぬくとした布団にとどまってしまう。なんとなく気力が高まらないのだ。仕事が不調な時は遊びに出かける気力も萎えるって一般的に言われるが、それは確かにそうだと思う昨今である。

 どうしてだろうって無い頭をひねって思い当たる事は?と考えてみる。
 一つ思い当たることがある。確かではなく、あやふやだが、無理に断定的して書き表すと次の言葉だね。

 ”歯がないって事にしてしまえ”ってこと。


 歯を食いしばって耐える。
 苦しいとき、悔しいとき、コンチクショーと奥の上歯と下歯を噛みしめ、頬の筋肉はプルプルさせ乳酸が120%に達するまで堪え忍ぶ。ガクガクと震えの止まらない膝を太ももの上に置いた両手で押さえてひたすら我慢ガマンと言い聞かせる。声高で納得できない不理尽な要求に対し、こみ上げてくる怒りを「耐えろ、もう一分耐えろ 言い返す前に100数え考えるまでガマンしろ」と前歯を閉じ、ぐっと奥歯を噛みしめて言い聞かせる。

 ところが、歯がないんだよな 今。
 顎に力を入れても残った歯に普段と違った分布の加重するだけで、肝心の奥歯3本に力がこめられない。
 せっかく強く口を閉じているのに、不二家のペコちゃんよろしく抜けた前歯4本の間から舌が唇の外まで飛び出してベロベロバーができちゃうんだもの、その様をお他人様が見ていたらピエロや漫才の惚け役にはなりえても、お説教を聴いて感じてるってのは置いたとしても、せめて真面目に耐えるとか、ここ一番食いしばっている状態には思えないから、それこそ
 「俺がこんだけ言っているのに、まだわからんのか;おめえちゅうヤツは ふざけるな〜 (^^;)」
って重ねて怒られても文句が言えないっていうもんだ。

 そして実際にも、力が入らない。
 胸突き八丁の急坂をペダルを踏んで、今一息ってタイミングで後ろから「お先に!」なんて自転車乗り軽く挨拶を交わされて先行される。
 以前だったら、「うんにゅあ〜 俺は若いの大好き 着いていくぞ−」の一息で自転車乗りの姉ちゃんの後輪あたりに前輪を擦りつけながらすり着いていくなんて事できたはずなのに、ペダルに力を入れようとしても、こめる奥歯に力を受ける相手なく力が顎の中に抜けて消えてしまう。出てくるのは前歯の隙間からだらしなく垂れ落ちるよだれだけで、ずっと姉ちゃんの耳に嫌らしく響いたはずのマシラの「ハッハッ」という吐息も、3秒か5秒程度の短時間で振り切られてしまう。
 トホホ/ホノトこのざまは田舎のヒヒじじいそのものさ。

 それに、爪の傷が表面上治るに逆比例してというか負傷直後には無かったのが、口蓋から脳天の間で、どこが痛いのだと言い切れないような痛みが飯の後に時々出る。これは暫く様子見するしかしょうがないらしい。
 まったく自分自身に対して”自然を甘く見たせいだ ざまあ見ろ”って自虐的になってしまうね。

 さて、この歯の治療 顎の治療も含めてインプラントにして7本 全部が直るのが8月だって
 それまではどうやって世の荒波に耐えていきましょうか。
 そんな状況なので山遊びの本格復旧(従来が本格的活動っていうわけでもないけど)はちょっと先かなって気がする。

 ではまた!次回まで<マシラ>