31日
 おせち作りに忙しいユミコちゃんに邪険にされたわけではないが、手持ち無沙汰なので今年の山仕舞いをキチンとやろうということで広沢寺弁天岩に行く。山に行きそびれたかのようにアイゼンワークを行うワンパーティーと、右スラブでズッコケごっこを繰り返す若いパーティ、それに山はゲレンデ・オンリー風な合計三パーティがいた。大晦日にしては沢山いるっていうのがマシラの感想だ。
 ユミコちゃんに「今年はもう高いところはダメよ」と言われて来たので、下部の易しい所だけを数往復して、対岸の岩場を含めて難しいところは登るポーズのみで今年の山遊びを終える。次に100m先の大釜弁財天に行って二礼二拝で今年の山遊びを感謝する。おっと、ここは水の神様だから山の感謝は筋違いかな。でも山に降った雨が粛々と流れて地勢の中で人の生活の仲に湧いて出るのを司る神様なら山の神様とも仲は良いだろうから、「よろしく言っておいて下さないね」とお賽銭を放るのだ。頼んだよ!ホント
【写真削除 091129】
上谷戸付近から鐘ヶ岳 快晴

山納めって、こんなんで良いんだっけ!
 こんな風に安直に神様に頼めるのが日本の神様の良いところだ。
 頼んだら後は他力に頼る。「来年も頼んだからね!」
 マシラは精一杯良い年になるよう努めます(口ばっかりだけど)
 皆さん、どうぞ良いお年をお迎え下さい。2008年大晦日