日曜日、掃除に余念のないユミコチャンの邪魔してはという配慮だが、彼女に言わせれば「毎日が日曜日なんだから、ちゃんと掃除をしてくれればいいのに、やるまねはしてくれても真ん中をチャチャッと撫でるだけで隅には埃が溜まっているから、結局私がやらなければならないじゃん」との愚痴が口の橋に浮かんでいるだけなんだけれども、掃除機が唸り出すとオレが居ても役に立つことはなくて「ちょっとそこまでだから」と家を出た。
 宮ヶ瀬湖を軽く回って帰るかな。
 湖は周り木々の緑が鮮やかで目を休めるには最高だ。ただ管理棟脇からのトンネルを抜けた先で北岸道路に合流に出るところにある車止めゲートの人通過用扉(開門9:00−と表記されている)が4月になって以来閉鎖されてたままなのはどうしてなんだろう。しょうがないので柵とガードレール隙間から自転車をかかえて抜け出るのだが、幅が極狭で、尻を抜くのがやっかい。その間腕にかかえる自転車が重くてたまらん。俺の前の女の子が抜け出るのに苦労していて、別パーティらしい自転車屋の兄ちゃんが嬉しそうに手を引いてあげていた。オレの自転車も引き上げてやるそぶりだったが、オレは自力でOKだ。
 鳥屋園地からは荒井林道(鳥屋ー早戸川橋の湖岸道路)を走り、早戸川橋からは金沢橋を経て、中小沢の駐車場へ抜ける予定だったが、早戸川橋のいつも閉じているゲートが開いていた。それにはっぴのようなのを引っ掛けている数人の大人が立ちはだかって”自転車はダメだ”とでも言うように手を合図する。


中津川沿いを走る(正面は八管山)



宮ヶ瀬ダムから 上を見上げれば新緑の山が迫り来る



 日曜日なのに木材の搬出作業を行っているのかな。
 あるいは小電力水力発電所の付帯工事のための資材搬入作業か。ともかくも[進入禁止]と止められる橋に強行突入することはない。
 では
 行くつもりでは無かったが、荒沢の出会い滝を見に行くのも良いかな、
 とっさにそう考えて、林道早戸川線を直進した。字は何とか読めるが腐ってしまっている登山標識の大平入口から林道下に降り、上流側に二〜三百mほどに歩けば出会いである。春先で水量が多く、徒渉することになるだろうけど水圧が強かったら引き返せばよい。
 と、林道を走り出したら車止めゲート前で勢いよく走って降ってくる人に遭遇した。胸には2○○のゼッケンがある。一人だったのでトレラン榛の木丸コースの練習かなと思っていた。でも二分くらい間を開けてもう一人が、直ぐに三人目。次が来るまではチョット間があったが、4人目が来るとそれからはバラバラと前後が見えるかそうでないか位の間隔で降ってきて、それで”今日はトレラン大会日”であろうと気がついた。
 それくらいは最初のランナーに会ったとき、いや早戸川橋のゲートに人が立っている時点で気がついておくことだった。

 トレランかよ
 まずいのに出くわしたなあ。

 でも、それならば、トレラン関係者がたくさん屯っていると思われる伝道まで行かずに大平入り口で滝を見て引き返すのは賢明だろうって考えた。
 三日月橋を越えるまでに降ってきたランナーは10人はいなかったな。女子の先頭は三日月橋の直ぐ近くで俺を冷えた目でちらっと見てすぐに滝の方にそらした。そこから更にギアを軽い方にして、
 何時だったか、今日と同じようにトレラン大会に遭遇して、たまたま先頭集団近くだったが、自転車が上り坂のカーブ入り口を同時に入ったのに俺がそこを抜け出たときにはトップの彼は見えなくなっていて”早い”と驚いたが、新聞に名前が出るくらいのランナーはトレランでも当然早いのだ。

暖かい日差しの下、早戸川ではランニング大会(宮ヶ瀬園地〜榛の木丸〜大平〜大平下で早戸川を渡って林道早戸川線に出る)
何百人かが参加しているという大会らしい
川には仮設橋が渡され、ランナーが濡れることはない


 苦しい登りだが、終点を大平入り口と決めてペダルを踏む。大きな砂防堤を回り込み、杉木立の間の直線を百m進んで左にカーブするそこが
 さあ もうそこ ←大平・伝道→の標識が半分腐ってたっているそこだ。
 期待に反して、そこには、たくさんの人が立っていた。林道脇には屋台風テーブルが列べられ、バナナが山と積まれている。道路には踏めば動作すると思われるセンサーが敷設されている。おそらく感圧した時間にランナーの持つIDタグ番号を関連付ける装置の一端かな、自転車で上を通るのがちょっと気が引ける。コース途中のチェック&補給ポイントってことにしてはちょっと大げさな、さてと自転車を何処に止めるか。

 「おいおいお爺さん そこランナーが上がってくるから、邪魔しないで」お爺さんとは言わなかったが、後半はホントだ。
 ゼッケン付けたランナーが川から上がってきていた。俺に警告したコース脇に立っている係員らしい人に聞くと、大平から川に降る旧登山道が本日のコースの一部になっているだとか。奥野林道から水沢川口を経て園地に戻るのが、ここのトレランコースだと思っていて、大平から早戸川に降ってくるなんて思いもしなかったのでビックラぽんだった。
 このような場合はレースの邪魔をしないためにも川には降らず、魚止橋方向にでも行くのがよいのだろうが、ここまでのつもりでいた俺の呼吸はいっぱいになっていて、もう登りは無理だ。
 自転車を脇に寄せて、ランナーに邪魔しないように、でも一人が上がってくるとそれからは次から次へだ。何時までも待ってられないぞとタイミングを見て走り降る。トレラン用に人数制限一人の仮設橋が渡されていてランナーは徒渉することなく走り渡るが、下流は堤防上の砂地で流されても10mかそこらだし、自然を相手のトレランなら、ここは是非徒渉を願いたいな。
 そんな風景を見つつ、枯葉の中に転がる木ぎれを杖にして上流側に向かう。直ぐに対岸に渡る。深さは膝程度で幅は5mくらいの均一な水圧で、杖を加えた三本足なら安心徒渉だ。そこから左岸側の石ころ伝いに行き、そこが荒沢出会いというところで岩と深瀬に阻まれる。泳ぐのは好きではないので、対岸に渡る事にしたが、先ほどよりは明らかに水深深く、流れも速い。それにビビって他に易しいところ無いかを見て探したが、最初に目を付けたところが一番易しそうだった。でもなあ、全体重を掛けるには細い杖だよなあ。腰までの深さの水圧が掛かる徒渉中でポキリなら流されること必定だ。下流は先ほど渡ったところにすぐだから、余程運が悪くなければおぼれることもないだろうけど、ここらでは若葉の季節であっても流れている水には雪解け水だってたくさん含まれていて、先ほどの5m程の徒渉でも”冷たい 10秒持たない”と思ったように冷たい。だから流されるのはずいぶんとつらいものがあるだろうって。そこらをうろつき回り4mもあって長すぎるので調整したいが岩にたたきつけても折れない腕ほどもある流木に持ち変えた。振り回すのには重いが、これなら全体重掛けても大丈夫だ。それを上流側に支えにして対岸に渡り、そこから15mほどで渡り直して50mほど歩くと荒沢出会いだ。

俺は荒井沢出会いへ
春先で水量は比較的に多くて長い杖を水に差してバランスを取って渡る


出会いの滝を見て、本日はそれ以上は奥には入らない。



 滝を見た。瀞中にある岩の上から写真を三枚ほど撮る。そこから奥に入りしたくても、目の前の小滝手前の釜が深い。滝に取り付くには3mほどだけだが泳ぐことになる。それが俺には出来ない。小滝の上流直ぐに4mほどの小滝も見えるが、そこだって行くには左岸の小尾根を登ってから降る巻き行うことになるし、巻いてもその小滝も登るのは容易ではなかったはずだ。
 今日はちょっと出てくるとだけ言って家を出た。そういった場合の山はハイキングの範囲に止めておく。それがマイ・ルールだ。変えるつもりは今のところ無い。もしもそれもOKであってもヒルが出始めている。その用心が全くない素足ではそもそも山に入れないのだった。飛沫を上げて落ちる滝を川底から何年ぶりかで見ることができただけで十分嬉しいってことにしてさ。

 トレラン徒渉点が見える地点に戻るとランナーが続々林道に向かっている。
 それの邪魔にならないように列に加わるが、みんな足取り重くて俺はイライラして”お前、コース開けてどけよ”の意味で掛ける”ハイハイハイ”と(スキーの距離競技で先行者に追いついた際に掛けることがルールで定められている)してしまうが、何Kmも走ってきたランナーに滝を見に行っただけのハイカーが「道を空けろ」とかは横柄だろうってのはその通りだが、トップランナーなら、これくらいの斜面なら”ひょいひょいのひょい”で俺なんかでは絶対に追いつかない早さで通り過ぎ、今はもう中位程度のランナーだろう。順位よりは参加する事に意義のある方々であって、事情により二・三番順位が変わろうが不満感など抱かないだろうって。

 帰りは下り一方、自転車はブレーキを掛けない限りはがんがん速度が上がり、足で掛けるランナーよりは早くて当然だ。でもスピードは控えめにする。走り疲れたランナーが不意に左右によれてくる。カーブを曲がろうとすると影から飛び出すように姿を表す。だから何時でも止められる感じでないと危なくて、ブレーキを掴んでいる指先が疲れるから、急な登りを息を切らして登ったのに、下りの走りの爽快さが全然無い。だからトレランしていると予め分かっていたならば、そのコースを一緒に走らない方がやっぱり良い。
 早戸川橋でランナーと別れ荒井林道〜帰りはエレベータでの下降は無しにして、3時間の「ちょっと行ってくるだった」
 ヒルに喰われることなく、滝も見るが出来た良い一日だった。 20170423