新型と季節性の予防接種を打ちに行った。診療開始時刻から待合室は満杯で座る席はなく、立って順番を待つのである。あちこちで咳をする人が多くマスクははずせない。予防接種の人が多いようだ。
 でも同時に二種打つ人は少ないらしい。優先接種の証明書を提出して、同時に新旧同時の接種が可能かどうか尋ねると、それは医師の判断によるとのことで二枚のインフルエンザ予防接種の同意書に記入したが、窓口で受け取ってくれたのは一枚であり、残り一枚は先生の診断時に申し出て判断をうかがってから提出してくださいとのことであった。
 処置室からは「ヤダヤダヤダッ」と幼児が泣き叫ぶ声が3分おきくらいに待合室に響く。その間にたくさんの高齢者の診察が挟み込まれていて診療所は朝一番からフル回転の忙しさの中にあった。


身の回りで感じる晩秋


 ユミコちゃまに「とうに大手を振って山に行けるような体ではない」と言われても下を向いてうつむくしかないくらいに客観的に見れば健康体ではないらしく、なんとマシラは優先接種の対象であるとの証明書を以前に頂いて手元に保管してあった。
 その紙を書いていただいた時に注射の予約を済ませておけば良かったなと今は思うのだが、
「まだ患者様用のワクチンは納品されていないのでいつ打てるか分かりません」
との窓口のお姉さんの説明に電車・バスを使う必要のあるK病院に出向く煩わしさを思い、証明書さえあれば、どこでも直ぐに打ってくれるだろうと安易に考えて「それならいいです」と予約をしなかったのだ。
 ところが、自宅周辺の診療機関に問い合わせてみると「予約は受け付けますが、いつになるかは分かりません」もしくは「1月も中旬以降になりますね」というように気の長い返答しかない。オイラとても、そんなんでは困るのだ。
 現在治療中の次の診察がもう目の前に迫っている。前回医師の問いに「予防接種はまだです」と応えたら「あんたの持っている病気は今後平癒の可能性はないんだよ。それどころかインフルエンザ・風邪で進行度合いが悪化するのが通常だ。併せてインフルの病体が重篤化する懸念があるんだから証明書出しているんだぜ。リスクを少しでも下げることに努力せにゃならんぜよ。分かったらハイと返事しろ」と、若い女性だからそんな言葉使いではなかったけど、まあそのような事を言われたってわけよ。
 その人の診察が近々あるってことだから、なんとかせにゃ。だけどね〜

 会社では37℃以上は出社禁止となっている。家族発熱の場合には検温にマスクを義務づけられている。家族、特に児童・生徒の感染報告はたくさんあり、一人ぽつんとマスク着用の人はたいがいそれだ。本人感染は百人いれば一人くらいとポツリポツリとインフルエンザに感染した旨の連絡が来る。その都度、本人は一週間の出社禁止処置にロッカーや業務で使っている物品の消毒を行う。周囲の人は一週間のマスク着用に検温結果の報告とそれなりに煩わしい。

 それ以外の要因も加わり職場によっては10%越の欠勤率となって通常体勢では仕事が回らなくなるけど、予防対策優先は変わらず、残された人員での最善を考えるよりしょうがない。いろんな煩わしさは将来の悪性伝染病パンデミックの訓練をやっているのだと考えて対処するのだ。 でも、現実に新型にかかって自宅待機状態の本人に電話で確認すると、熱が出るのは本の数時間で、その後は熱が下がり、ピンピンしている人がほとんどで困ったと言う人に当たらない。このように大人の症状は軽いらしい。社員の人は有給休暇消化の良い機会くらいの出社禁止のダメージだが、時間給の人たちの救済処置は無く、生活は大丈夫か、気の毒だなあとはおもうが、会社の統制ルールとあっては致し方ない。精々 自分自身がインフルエンザにかからないように注意しよう。


 どこも年内には打ってくれそうもないと諦めかけたが、幸い近所のお医者様から電話があって土曜日に予防接種可能だという。
 診療所はPM2:00だというので山遊びして帰ってきてからということにしたら、家内に「順序が違う」と怒られた。まったくその通り。
 「では注射が終わったら山に行く」と応えたらまたまた癇癪玉が炸裂した。
 接種と言うことは菌を体に入れるって事
 体に負担をかけちゃダメって常識で分かるジャン
 おまけにあなたは予防接種は新型と従来型の二種を打つんでしょ
 接種をして直ぐに運動(山行く)なんて、まったく何考えているんでしょ。
 二日ぐらい家で静養していなさい。
 ということで、今週の山遊びが無くなった。先週は別用だったので二週連続で山なしということになった。年賀状作成をうまくスケジュール化しないと来週も同じ状態に陥ることになるのかもしれないな。
 なんて良いながら翌日(日曜日)天気が良ければ出かけてしまうんだよ。 

 ともかくも予防接種は済んだ。でもそれって気休めだってね。それでも罹った場合に少しは症状が軽く済むことくらいの効果は当然願っている。それに先生に「えっまだなの」と笑顔の中に棘のまじる戒めの言葉を頂くことはないだろう。大幅に少なくなったボーナスの小遣いで出す接種代は痛いけど、次の受診に対して少し気が楽になった。でもきっと二度目もきちんと受けなさいと念を押されるだろうね。 2009/12/05 <予防接種くらいでガタガタさわぐ情けないマシラ>