仲間と飲み会を行った。古い仲間である。同じ釜の飯を喰らい、先輩社員からは血の鉄拳制裁も受けたこともある若い時に苦楽をともにした仲間である。だからどんな話題でも、たとえば上層部悪行さらし・悪口だって、新製品の欠陥であっても、およそ犯罪行為に抵触しなければ、だれかれの不始末だってなんだって、しゃべっても絶対に「あいつが言った」なんてことが外部に漏れるなんてことを一切心配しなくてもかまわない気兼ねない仲間である。当然、各々に上司がいて
チクルなんてことはいつでも出来るのだが、そこは血の結束で固まった同志である。よく言えば気が置けない連中だし、悪く言えば
「だから、あいつらの中には出世したやつが誰もいない」と揶揄されることが示すように、小回りが利かない意気地無しの集まりであり、唐変木の馬鹿面集団だともいえる。

 10人が同じ職場に配属され、それからリストラ・左遷/転勤・職種変更と種々あって全員がテンデンバラバラになったが、それでも会社に辞表を出して辞めたやつはいない。それもこのグループの自慢なんだ。
 しかし、残念ながら二人はいなくなってしまった。一人は担当した開発テーマの先が見えなくなって、その責任を一人勝手に背負い込み、だれも、そんな風には思っていなかったのに、おのれ自身にため込んで世間への決別の辞を書き残したのが一人。もう一人は昨今はやりの癌による闘病死。 (この原稿はとうにできているけど公開はためらっている)
 おっと今日はそれが話題ではなかったよな。30年もつきあっていれば一人や二人かけるものさ。そう思おうよ。
 話題は次はだれってことさ
<写真削除 20100725>
病室からの丹沢夜明け 4/23
 同期というのは良いものだ。なにより困ったときには、金の話はべつだけど、仕事の困り毎なら何より頼りになるんだ。
「トラブッチャッってさっ この仕事、この納期、このコスト なんとかならない」って頼めば、組織のつながりでやったなら
「そんなのできっこないヨ」とにべもない返答がかえってくるような依頼でも、
「よっしゃ任せてくれ」と二つ返事で済むことが多いのさ。もちろん、それぞれの職分の範囲においてだが、数十年も会社にいれば、それなりに組織内の根回しにごり押しも併せて通常の納期だったら三週間かかるところが、このルート三時間後に「ホイッよ」と短縮なんて普通な事だわさ。この分のしわ寄せはどっかに寄るはずで、割を食っている人がいるんだろうし、この手のやり方は組織で仕事を回せという会社方針からも全体最適では無いということは分かっているけどけど、個人的には大助かりさ。そういうネットワークが同期と言うだけで構築できるのだから大切にしなくちゃ
(でもね、堅い絆を作るには血と汗と涙が必要なのだよ これもいきさつを別稿で作成済みだが、今は公開できないんだ。HP見て社内情報チクッっていると騒ぐ人がいる間はリスクが高いので)


 こんな仲間の年に一回の集まりの話題が最近ずいぶんと変わってきた。同じ職場にいた昔なら
「あの課長は馬鹿野郎だ」とか
「新しい女を引っかけた」とか、
「俺の方がおめえより腕が上だ」
なんていうのが自慢話のネタだったのに、今年の話題の中心と言えば

「俺よ〜 今年さあ、孫出来たんだ。三人目だよ めちゃかわいい」という孫自慢話か、
「俺なんか この前、医者に行ったら、あそこが悪い、ここが悪い このままだったら余命幾ばくも無いぞと言われてさ何十種類の薬を毎日サプリメントのように飲んでいるんだ。どうだ!俺の方が不健康だ!すごいだろう!」なんて内容なんだ。

 こんな話題で盛り上がるなんて。
 昔なら、
「こんな爺みたいな話 おれは絶対に加わらないぞ」なんて言ってたものだが、いまでは当時に考えていたようには耳ざわりは悪くない。でもさ、うちの息子も娘も当分子供を作るなんて状況にはなりそうもない。だから聞くだけさ。

 孫はおいといても、医者通いならマシラも負けていないよ。血尿出てから早くも二年が過ぎた。一年目は血流促進剤を飲まされたが採尿結果がちっとも良くならず、
「強い運動は禁物です」と言われたものだ。それはちゃんと守っているよ。自転車こぎは遠慮しながらだから一日の走行距離は100km以下だし、山はあれからずっと自制しながら手抜きを重ねて遊んでいる。他の人がどう思おうと自分自身では決して無理はしてないつもりなんだよ。どうですかね。

 昨年の春先の二年目からは食事療法と言うことになった。
 お医者様曰く
「あんたのご先祖は貧乏人だったはずだ」
   「うんだ、うんだ」

「代々 粟や稗を喰らい、死なない程度の栄養でようよう生きてきたんだ。肉や魚なんか滅多に食ったことはないだろう」
「病気になったら竹筒に入った米粒を揺すって響いて聞こえる音を 『直ったらこれ食わしてやるぞ』 と枕元で聞かせて薬にしたんじゃないか」
「どう 違っている?」
  寒村の育ちだ。たしかにじいさまの時代まではそうしていたと言ってた。
「そうだろう そうだろう 図星だろう」 ますます悦にいってたたみかける。
「それなのに、あんたときたらどうだ。飯は腹一杯食う。酒は飲む。しょっぱいものにイカや貝や肉を肴にしてな」

「先祖代々そうやって生きてきたんだから、そうそうは体質は代えられないものさ。少しくらいご先祖様より裕福になって金が払えるから良いじゃないかと慣れてないもん喰ったら腹を下すのと一緒さ。そういう腹になっているんだよ。そういう状態を長く続けていれば体は痛むというのは道理というんだ。病気にならない方がおかしい。貧乏人には貧乏人の飯っていうのがあるんだよ。それをあんたはわきまえていない! どう! 違う!」

 しゅん
 こうべを下にたれてペコッとうなずく
 そんな反応を見定めた彼が言うには
「カロリーは減量することも考えれば1400もあれば座って体を動かさない仕事だから十分だな。食塩は2gもとれば死にはせん。まあ6gまでは許すとしよう。蛋白も30g以下だな」
「そうすれば死ぬまで体が保つかもしれない。だめな場合も多いから絶対ではないけどね。でも俺はあんたにとって悪いことを言ってるつもりはないよ」
「ホントに守りたければちゃんと栄養士さんのアドバイスを受けて正しくやってくれよ」
「そうそう、塩分とか蛋白の取得量なんて血液検査をすれば一発だから、私は制限守っているなんて言ったって無節制をすればすぐばれるよ」


せっせ、せっせとがんばって四ヶ月で12kgも痩せたけど、検査結果はよくなったり悪くなったりを繰り返し、確実に良くなるという気配は無い。悪い方には進まなくなったような気がするというのが救いなんだけど相変わらず強い運動はだめと言われている。飯も食えず、山遊びも出来ず、これらの鬱憤晴らしは仕事だな。だから休みの日も、せっせせっせと会社に行く。最近短気になったのか職場で怒鳴ることが多くなったような気がする。この悪の循環からなんとか抜け出さなくては、職場が暗くなる。

 それでお医者様に相談した。お医者様は当初は同年代のK先生だったのが、
「私は忙しいんで」とのことで、「腕は確か、その上、若くて美人を紹介する」と担当が変更された。半信半疑だったが、かかってみると正真正銘に明るく、にこやか、笑うとえくぼができて、とてもチャーミングなマシラ好み。
 マシラは美人さんは大好きなんだ。二ヶ月毎の診療と言うことになっているけど毎週でも通いたいくらいにだよ。毎日でも良い。ただ、そこまでは行けば相手にとってはストーカーだし、こちらとしても勤務時間はそうはごまかせないぞ。
 う〜ん、どうしよう・・・職場にも若くて美人さんがいっぱいだから、やっぱり、お医者様は二ヶ月に一回位にとどめ、ストーカーっぽくまとわりつくのは手っ取り早い方にしておこう。そこなら職権も使えるから! (まともに行動に移したら相談室に訴えられる可能性大だから真にうけないで)

 「そうですね。一年様子をみて変化がないから根本的な治療が必要ですね。その為には、何で・・こうなっているのか。おそらくだいたいの原因は病状から想定は出来ますが、原因を病理学的に確認しないと間違って変な風な対処をしかねません。それではお互い困りますので体の芯に採取用の注射針をズボッと入れ細胞とって検査しますか。そうすることであなたの病状がこのままにとどまるか、悪化するかを見通せる材料が一つ増えるんです。もし、悪化する可能性があるのなら、人生80年ですから、残りの二十数年間を何とか持たせる治療を行わないとなりませんが、その治療にはリスクもついてきますので、それに見合うだけの効果が得られるかを見極めるためには是非検査が必要なのです。」ときたもんだ。そういわれて断れるほど強い意志を持つマシラではない。
「検査自身にもリスクがあるので、よ〜くお考えください」との先生の助言もあったが、リスクをまっとうに見極められるほどの判断力は元々持っていない。即座に同意さ。
 その結果が一週間の入院に一ヶ月の運動禁止なんだそうだ。三年前には別の医者様にそういわれているけど、これと言った治療もせずに採尿に食事療法で終始し、いったいこの三年間は何だったんだろう。進展が見えないぞ。強く問いたいな。しかし、今日明日に死ぬなんて病気ではなさそうだし、お医者様も様子を見ながら、まっ、なんとかなるだろうと状況確認してくれていたんだろう。許そう。なんせ美人な女医さんの、その筋の専門家だから言うことには素直に従わなくちゃ。とても許すなんて不遜な言葉使えない。それに山遊びなんて死んでもやる道楽ではないから、お医者様からそういわれれば「いやだ」とは言えない。当分、山はお休みさ。入院はすべて振休だから有給休暇取得はゼロ。この際だから積もり積もる当面2年分の振休をはき出してもOKとすれば100日は越えるから、この先に大手術があっても準備万端大丈夫だよ。

 こんな話をすると
 「じゃあ おまえのは、いつ頃葬式にでる準備をしておけばいいのかい」と、仲間の話題が移る。
 そこから、今度は各自の葬式の出し方に話題が変化する。仏式がいいとか自然葬だとか、どんな弔い方したって所詮一般庶民のお墓なんて100年も立てばすべては無縁仏さ、それで良いじゃないかと話題が集結する。こんなふうにマシラ年代って何かと話題が自虐的でたわいない。でも、みんなまだまだ100年は生きているつもりのようで、自分の病気の方が重大だと自慢話をしておきながら、その病気によって自分自身が仲間の中で最初に倒れるなんてことをつゆとも思っていないのだ。マシラも 同じさ。いささかしたたかだよ。


 入院中のいきさつは、そのうちに掲載するからご期待くださいな。
 病院って言うと「やだな〜」と思うかもしれないけれど
 読めば「俺も入院したい」となること請け合いだ。先生はみんなが美人でかわいいし、看護師さんもサイコー。でも紹介はしないよ。
 だからといって病院にダイレクトに行って面会しようとしても、病気持ち以外は受け付けてくれないからね。それはあらかじめ言っておくね


===========入院その1 (続く) ========