先日 病院にいって検査結果を聞いた。その結果、安静一ヶ月だったのが当分の間と引き延ばされた。
いや データに基づき厳密にお医者様の勧めるとおりにすれば、今後一切山はまかりならぬのかもしれない。

肉体的には、確かにそうらしい。ただ、心優しいO先生である。
肉体的マイナスと、精神的プラスを合算するとマシラの場合には特例としてタマの山ならば再開の見通しはあるかもね。 と
しかし、それにはもうしばらく様子を見るとのことになった。 (この部分のいきさつは続編にて詳しく)
受け取り方によっては見放されたとも言うべきか

それで、せっかくHP見に来てくれた人に何も無しでは申し訳なく、次に山に行くまでなんかの話題で間を持たせる必要が生じた。
次から次へと話題豊富に行けばいいけど、そこは貧相マシラのこと。ネタはとっくに尽きた。
でも せっかくこのネタでここまで引っぱったんだ。
だからこれで(入院話 )引っ張れるだけ引っ張ろうと思っているんだ。
そんなわけで、天気とおなじようにうっとおしくも だらだらと、続くけど しばらく勘弁してくださいな。



食事コントロール

 夜飯を食べ終わってのんびりあたりを見渡す。
 向かいのUさん、箸を取ったが一向に進まず、やがて
 「やってやれない」
 小さな声だが鋭く叫んで箸を置いた。
 すわっ 何事!
 入院していると暇なんだよな 退屈しのぎもあるのか些細であろうと少しの事に耳立てる。

 そう言えば前日の朝も昼も二・三回箸を動かしたが、
 「こんなの食えねえ」と言って、ほとんど残っている状態で箸を置いた。どうやらハンガーストライキ決行中らしい
 食膳が下げられると入れ替わるように看護士さんがUさんのところにやってきた。
   『どうしたんですか』
 「食事がまずくて食えない」
   『まずいんですか』
 「そうだよ こんなぱさぱさな甘いもんばっかしのは飯とは言わないよ 金魚の餌だ」
 「食べようとしても 喉を通らない 何とかしてくれよ」
   『どんなものなら食べられますか 私たちでできることなら相談に乗りますよ』
 「朝のパンはやめてくれ ご飯にしてくださいよ」
 「デザートのゼリーはいらない ケーキもいらない アイスも不要 甘ったるくて口に合わない」
 「たまにはウドンとかソバが食いたい」
   『タンパク制限さえれているんです。それにカロリーはしっかり取らないといけないんです』
 「そんなこと言ったって、喰いたくないものは食えない!」

 たまっている不満が一気に爆発したかのように要求をまくし立て、
 こんな場面に慣れているだろう看護士さんも、おろおろだ。

 でも一通り聞いていた後でUさんが言い疲れたところで看護士さんも体制を立て直す。
   『でもねUさん あなたの食事は一日3gと制限されているんです』
   『そういう食事療法が今はとても大切だと主治医さんもおっしゃっていましたよね』
   『うどんといいますが、そうするとそれだけで一日の制限量を超えてしまいますよ』

 「食えないものは食えないんだから あんたらプロなんだから何とかしてくれよ」
   『分かりました 栄養士さんを呼んで来ますので一度相談してください』

 そうして、その場は一応収まる。

 人間の食欲は生存欲の次に出てくる本能だから、一度爆発すると押さえようがなく、時として餌を求めて凶暴にさえなる。まっ、今は生命に影響出るほどの飢餓の状態では無いからハンストもできるんだろうけどさ。こんな食欲を意識しないでも押さえられるのは命に危険が迫っているのが明白な戦闘中か、目的に支えらた強い意志による場合(ハンガーストライキ含む)、あるいは脳みそがそれしか考えられない、いわく『空白の時間』のいずれかだな。
 そう言えば、昔々 冬の仏アルプスの北壁を登りに言ったときの食料は乾燥米五袋、チョコレート五枚、チーズ&サラミ各一 コンデンスミルク それにレーズンが少し
 全部合わせても1kg程度が三人の一週間分のだった。これでも二日分くらいの余裕を持った計画であり、1kgが登攀の重荷になると感じていたと思う。ともかく登ることが第一であり、そのために必要性の少ない物品から除外していくと必然的にそうなったのだ。意志の力というのは、そう言う状態を指すのだろう。今、アルバムを広げて当時の写真を見直すと、これなら一人で二日程度しか持たないとしか思えない。そんな意志の力がとてもなつかしい。


夕食 650ki 1.9g

 パソコンへの打ち込み。
 とは言ってもネットにはつながっていないので、書きかけの文書を引っ張り出し付け加えたり、今日の出来事をプログ風にテキストをぐちゃぐちゃと打ち込むだけ ¥2000のMP3プレーヤの音楽データを書き直す。その合間に昼寝し、それに飽きたら本を読む。だから3時間四時間はあっという間に過ぎる。一日は長くとも一時間は早い。そうこうしている間に昼飯が出てきた。マシラのメニューは鶏肉ソバ(塩分2.2g たぶんつゆを飲んだ場合か)Uさんはわずかなお魚にご飯、それにカロリー強化飲料におやつ これじゃ食えないよといつも言っているものと変わらない。
 さきほどのUさんの要求にソバが入っていたことを思い出し、
 『ごめんな 私ソバです』と、Uさんに断りを入れて食べる。つゆの塩分が聞いていてソバが多少ぼそぼそしているのと量が少ないのが不満だが、煮込んだ鶏肉も添えられていて十分においしく食べられる。
 「いいよ いいよ」とUさんは言ったけど、なにかうらやましそうな目が気になる。これもUさんが退院した後に塩っ辛いものに誘う機会は数多いだろうから、それに耐えるべき訓練も必要だと思えば、せいぜいおいしく食べて見せつけるのも彼のためだ。ごっさま

 でもね、そうであればあるほど当座のUさんの食事への要求レベルが上がるわけだ。当面の攻撃目標は今晩のメニューだ。

 栄養士さんが来てUさんとの第二幕が始まる。
 あれが食いたい。これが食いたい。これは先ほどの彼の要求どおりだ。
 今のままではとても飯を食う気にはなれない。だから、もうずっとゼリーには手をつけてない。パンもだ。何とかしてほしい。同じ事の繰り返しに押し問答。

 栄養士さんも大変だ。先生の提示した塩分・タンパク制限量の変更は彼女の裁量外である。その制限内で患者のメニューを組み立てる。当然ながら保険適用の食費の制限が加わり、選べる材料は限られる。患者個人専用のコックを仕立てるほどには支払いがある訳ではないからメニューの選択肢は自ずと制約される。
 Uさんの要求に対して、ソバ???一回で二日分の塩分になりますよ。それでは食事療法にならないですか。うどん???同じですよ。酸っぱいメニューは嫌だといっても、塩分抜きにして、でも似たメニューを作ろうとすると酢は抜かせないですね。どうしましょうか?
 問答はメニューを出しては同じ事の繰り返しに終始し、それ以上進まない。完全に膠着状態。
 結局、アイス・ゼリー・カロリー補強飲料は不要だが、それに変わる何かをつけ、目先を変えてみるということで、本人不同意の状態で幕がとりあえず降りた。ご両者様、ご苦労様。
 そんなやり取りを、だらしなくベッドの横になりながら聞いていて
『あっ 練り物はだめか この前外来の血液検査で塩分タンパク多いって言われた二日ほど前におでん食べたな あれかっ原因は 今度から検査前は控えよう』なんて事を端で聞かせてもらって勉強した。それもこれも、ご両者の真剣な果たし合い(話合い)のおかげだな。どうも本を読んでもなかなか頭に入ってこないが、身近で塩とタンパクごときに口粟飛ばすかのように真剣に話すと、すっと頭の中に入ってくる。マシラもアナログ人間だ。次回の相談にはどんな食品が乗ってくるのか、今から楽しみ 

 第三幕はUさんとMさん、それに耳かじりのマシラさ
 栄養士さんが退場すると、それまで黙って聞いていたMさんが、彼が使っていたカロリーブックをUさんに手渡し
 『これ いままで使っていたんだけど わかりやすくて良いですよ』
 『使えそうなら 私は暗記していますので上げますよ これ』


ギリギリそぎ落とした三人の一週間分の食料: 2月スイス ヘルンリ小屋にて ちょっと古い写真



 『カップ麺 だめって言いますけどね エースコックのこれなら行けるかも』
 彼に言わせると麺の塩分が少ないので良いのだそうだ。
 『湯を入れて麺をほぐしたら、その湯は捨てて新しく注ぎ、スープを1/3だけ入れるんです そうすると塩分は2g以下に収まりますが十分な味が出ます。スープは1/3で ほらね』
 『この本の良いところはカップ麺/袋麺 それぞれの麺とスープ別にタンパク/塩分を分けて表記しているんです 日清はもともと麺に塩がたくさん入っているから駄目ですよ スープはその分薄めですけど』
 『エースコックでも種類によって麺の塩分が多かったり少なかったりするから、種類も気にしないと駄目ですね』

 「お〜ぉ なるほど なるほど これならカップ麺も食えるかも」とうれしそうな声。
 聞くところによると彼の朝食の定番おかずは、卵焼きにカップ麺らしい

 『調味料は醤油は駄目ですね それに中華系の調味料も塩分多いからやめた方がいい』
 『その中ではケチャップが塩分控えめですから、思ったより多く使えますよ どうケチャップ』

 「ソースはどうですか 私、焼きそば好物なんです」

 『ソース 多いですよ塩分 ここのソースなら塩分半分ですけど、それでも多いから、できるだけ掛けるのやめた方が』

 「では米は」 「味噌は」 「etc etc」 Mさんはこの道の歴戦の猛者さしく、次から次へとデータブックの詳細を網羅した知識と実戦からの経験談が披露される。節制もしているという。マシラの頭の中は、すごいすごいと感嘆すること尋常ならず。しかし、これだけ勉強して節制しているMさんにして透析対象だ。敵はなかなか手強いぞ。油断するな!


 第四幕は前回とは違う若い看護士さん(Uさんも看護士さんも気兼ねなく)
 『食事終わりましたか 下げます』
 『あれ〜 Uさん たくさん残っていますねぇ どうしました』
 栄養士さんにいろいろお願いしたけど、ほとんど変わっていないんだよな。めし。やっぱり食う気しない
 『あれ〜 おかわいそうに』
 なんとかしてよ

 ここまでは前回と同じ進展だ。しかし、Uさん、前回結局は打開策が得られなかったので作戦を変えたのか今回は少し弱く打って出る。
 俺はあれがだめだ。これがだめだという相談してんじゃない。
 もし、これを食いたいとしたらどうしたら良いのか是非教えてほしいんだよ。
 少し妥協だが、したたかだ
 でも3gというのは3gを確実に守るためだから5g位までは許されるということだよね
 と相手に同意を求める

 (看護士さん ええぇ そうでしょうがと無理矢理同意されそう)
 それだったら守れる。やれそうだよ俺も

(これは間違いだろうな 3gは3g 3gを中心値にした変動の許容範囲が1〜5gという見方も食事作成過程の変動要素を考慮するとあり得るだろうが、だからと言って5g迄OKだから、5gをを守れば良いというのでは、5gをターゲットとして普通の計量方法で食事を作ったら7gもあり得る事になるだろう。3gを基準にすることで上限でも許容する塩分管理の限界内に収まる事を求めているのが塩分制限の本意だと思う。それが本人の体調維持にどのように影響するのかは専門家でないマシラには分からない。
 とりあえずは3g制限のUさん がんばってください。それに比較してマシラの7g制限は通常より少しだけ減らすだけなので、味付けを濃くしないことと食卓の調味料を使わない程度の制限で遵守できそうなのでUさんの苦しみは他山の石にしておけるのが幸いだ。
(守る守らないは最終的には個人の責任において実施するものだから、本人・本人の家族以外はどうでもいいことだろう。Uさん他人に同意を求めちゃいかん 看護士さんかわいそ〜)

 『じゃあ何食べたいんですか』
 食いたいものの整理が先に付いてないのか直ぐには質問に対する返答が返ってこない。
 『しょっぱいものですか』
 う〜ん 無言
 『何なんですか それともラーメン?』
 『一食で10g以上は間違いなくありますよ つゆだけでなく麺にだってたくさんはいていますからね』
 『それとも天丼とかカツ丼とかの丼ものですか?』
 『塩分だけでなくタンパクも多いですかえらね つゆ無し、ネタ無しの衣だけの卵とじですかね そんな丼もの食べたいですか』
 
マシラのランチ(会社での昼食)ユミコちゃんお手製

 今回の看護士さんは若く威勢が良い。
 Uさんが返答する前に相手の答えを口にしてしまう。
 いいか悪いかは別として、Uさんは
 うん、うんと相づちを入れるのが精一杯で自分の主張を明確にできない。

 『おつまみみたいなものですか さきイカとか乾きもの』
 『あれっ塩分濃いですよ 信じられないくらい濃いです あれが食べたいんですか』
 俺は酒は飲まないんだ 本当だよ やっとUさんの声がはっきり出る。しかし、あれが食いたいというポジティブなものでなく、自己防衛のネガティブな返答だ。
 『じゃあ甘いものですか ケーキとか タンパク多いですからね』続けて、質問をたたみかける。前回とは攻守が全く入れ替わった。

 この問答を聞いていたマシラは、おつまみの段でお隣のMさんと同時に『クックッ』と笑ってしまい、ケーキの段では声を出して笑った。今回はUさんの負けで、やむなく残った昼食を食べることになった。ただし、栄養士さんが早々に相談にくるという条件はかろうじて付けた。
 相談内容は食事制限は守りたいのだが、「どうしたら いいんだろうか」という実現方法のやり方についてだが、栄養士さんを入れ替えて話ても結果はあんまり変わらないと思うな。それでも精々がんばってくれよUさん。

 よけいなお世話と言われそうだが、Uさんにアドバイスを一つだけした。昼飯の外食はやめた方が良いと。どのメニューでもおそらく塩分がたっぷり入っている。推測だけどね。だって減塩を必要とする人は絶対多数の中では少数だから、それを売り物にしているお店ならば別だが、普通のお店ではどれだけ塩が使われているか自分では知るよしもないじゃない。おそらく昼飯だけで一日分の塩分は使い切る。だからマシラのようにウサギの食べるランチを自宅から持って行ったらと

マシラのランチ
 ご飯120g 海苔1/4枚 野菜(セロリ、レタス、ニンジン、水菜:日によって変わる)Σ150g+ドレッシング少々 それに、わずかばかりのチーズ一切れか二切れ、おやつ(カルシウム補給)
 これがバスケットに収まっていて見た目 豪華版
 目にする女子社員:『や〜 やせられそう』『でもかわいそう だからこれあげるね』とバターたっぷり塩分たっぷりのおやつを置いていく 最近 これも取得塩分に含めることにしたが、毎日毎日確実に配給があるとは限らず、時にカロリー欠乏症なる可能性を否定できない。まっそれも一週間に一日くらいだけですから、ちょっと欠乏症は大げさです。 問題は捨てるわけにはいかないから食べるより手がないんだよ。もらった手前、人の良いマシラは断れないんだ 特に女子(ご婦人含む)からは もちろんお返しはMUST必要だ。

以下 Uさんのヘルシーメニュ確定までには第五幕がありそうだが、それが開演するのはマシラは退院後になりそうだから欠幕とする。





==========入院その9 (続く)============