健診で指摘され、確認のつもりで検査に行ったらポリープがあるとのことでその場で摘出し、事後の処置が必要とか、即入院となった。
 たった二泊三日ではあっても何処にも行けない。もちろん山にも。
 出血が0.7%の確率であるとのことだった。そんなのに当たるはず無いとたかを括っていたが、甘かった。マシラは前世の悪行がたたってか以前より悪いことへの的中率は誠に高く、尻がむずがゆいなあとトイレに行ったら、便座に着く前にぽたぽたと床に垂れて「あああぁあ」0.7%に大当たり。
 俺って長生きできない可能性高いなあ。そのくせ80までは生きたいなど神社でお願いしているのだ。願をかなえるためには養生しなくては。
 だらしないな
 男は血見ただけで卒倒して大騒ぎだ。
 看護師、そうは言わなかったが、
 何はともあれ、その後に大事なく、本日病院退去となったが、三連休の今週、来週も山には行かせてもらえそうもなく、この調子では今年の山は仕舞いも無しのままの落日晦日かもね。
 尻も山も、何とも締まらない結末だ。

 入院保険も出ない軽い手術なのでメールなどのお見舞いは不要です。
 みなさんもお大事に

<ひそかに散歩と称して近場を狙っているが、さてどうなる> 20121223