丹沢 早戸川 不動沢
『あっ 水が増えた』
呼びつけられて、都内に行く小田急線の車窓から相模川を覗いていたときにそう思いました。春先になって寒さがゆるむと、凍っていた大地からしみ出してくる水を集めて川の水量が増える。相模川だと必ずしも丹沢の山の春の様を示すとは限らないとしても、水の色も何かしら春っぽそうです。相模川を渡るというだけで都会に行く気分。
 そして、その春っぽさは3月3日には雛祭りと早戸川では渓流釣り解禁に現れ、林道のわずかばかりの車待避場所はマニアの車で一杯になり、鳥屋鐘沢の下から丹沢観光センター下までの間の渓の至るところに、冬の間に今日を待ちわびたその数100人ぐらいになるのではないでしょうか、それぞれの人々が竿を手にそれぞれのポイントを探して右往左往する事になります。夏のキャンプ時期を除いてこんなに多くの人を早戸川で見たことはかってありません。

 今日は先々週にラッセルに敗退したあの大滝沢から不動の峰への尾根にルート取ることにしています。先月らいの降雪も、町では一昨日軽くみぞれが降った程度ですから、山ではお日様とみぞれにたたかれ少しは雪が絞まっているのを期待をしています。宮ヶ瀬ビジターセンター脇からはいって宮ヶ瀬金沢を経由し、マス釣り橋下の早戸橋に抜ける周回道路の雪も2カ所くらいはまだ残雪が残っていましたが、それも大した距離ではなくあっというまに早戸川林道につきます。
 丹沢観光センターまではそんな思惑どおりでしたが、ゲートまで来るとそこから先は2週間前に比べれば少なくなっているようですが思った以上の積雪があります。雪面が少しは堅いのが救いでしょうか。
 雪道がツルツルしている伝道の造林小屋から見る円山木のF3は側壁部に少しばかり雪が残っていますが本流部は水量が増えてもう氷のかけらも付いていません。トレールの跡は延々と続きますが足の短いマシラのピッチとは少し合わないのですが、堅いのでトレールを崩すわけには行きません。それで大滝沢に入った所からトレールをはずして歩いてみます。そして何歩かに一歩が雪面を踏み抜いてしまうのでしょうがなくまたまたトレールを追います。途中で小さな流れを横断したとき表面が凍った石の上で足を滑らせ、今日もまたまた水浸しです。その場所で靴下の水を絞ってからズボンの裾を引っ張って靴に止め、上をビニール袋で包みガムテープで留めて、尾根歩きの準備が出来ました。

 予想通り大半の氷ははげ落ちていて、雪解け水がざわざわと流れ落ちている大滝を見てから、先々週は大滝の脇のルンゼを登って深雪にはまり、それに懲りたので本谷沢との分岐からの尾根の末端部に取り付きます。沢から末端に渡るところには深い雪が重みでずれ、断層となった可愛いシェルントがあります。シェルントを越えると暫くはやっぱり足下が定まらないふかふかの深い雪で雪のぼりと言うより出ている灌木を頼っての枝登りになって小さなリッジに出ます。リッジの上は風にサラされて膝下までの潜り込みにとどまります。そのまま上部にいければよいのですが、この尾根はすぐに消えて樹林帯の中の雪壁に再び舞い戻ります。
一呼吸を入れては『1,2,3・・10』
 歩数えてのラッセルを繰り返し、時間だけがすぐにたっていきます。そんな登高も露岩帯まで来ると傾斜が少なくなり、やがて明瞭な尾根に出ます。徐々に傾斜角も弱めて行きます。尾根は風が当たり、それによって雪が冷やされサラサラですので降雪から2週間もすると結構雪も絞まってきていますのでラッセルも膝までにとどまり大助かりです。
 やれやれ、これで今日は丹沢山まで行けるかなと尾根を少し歩いたところで何とトレールに出くわしました。そのトレール跡は二人組のワカンと少なくとも一人はピッケルを持った登山者が不動の峰からこの尾根を下り、そこから大滝沢に下降していった事を示しています。彼らは何回か大滝側に入り込見そうになるのを修正しながら本谷沢出会いを目指していたと思います。このトレールは下りで付けたのでマシラの歩幅に合わないから忠実には歩きにくいのですが、それでもトレールをはずして歩けるのか深雪に踏み込んでしまうのかが分かるので歩くリズムが良くなります。風にサラされた雪原の上に笹の葉っぱがちらちらする様になるとすぐに不動の峰下の雪に埋もれている縦走路の当たりに出ます。路はどこにあるのかは皆目見当が付きません。標識の脇に樹氷がたたずみます。丹沢湖側の見通しは利きますが、丹沢山は雲の中です。稜線を歩くのは久方ぶりで富士山側からの風が頬に針を刺す様に当たりますが、雪原歩行で火照った躰には心地よく感じられ帽子を少しだけ深くかぶります。蛭ヶ岳方向から丹沢山へは歩いている人が少ないらしく、トレールは雪と風にかき消されています。不動の峰から最低鞍部までは運動靴でも堅雪の快適な下降です。そこからのわずかばかりの登りは富士山側はお日様と風にサラされ表面が薄く凍った硬雪状態、反対の早戸川側は柔らかい股下までの雪の登りです。スリップしないように少し緊張して歩く必要があります。

 丹沢山の頂上は多くの人がいました。塔ヶ岳方向から来る人や堂平からの人が多い感じ。ここの頂上は樹林に囲まれ風が通らない吹き溜まりだから、今日は日があたっていませんが日向ぼっこには最高の場所でしょう。
ご婦人が一人『あぁ〜 気持ちがいい 気分がいい』マシラも同感

 下降路は先行者が一人いる三峰を暫く行って【丹沢山1.2km】の標識の所から大滝沢に下ります。上部は新雪がまださらさらですから立木にぶつからないようにスピードをコントロールしながらシリセードを何回か繰り返し、下が凍結している過半部は慎重に一歩一歩下ります。大滝への下りにかかる辺りは無雪期にはなんともない所ですが、半分凍りかかった雪があるこの時期には細い針金も思わずバランスのために遠慮なく使わせてもらいます。
大滝では落ち口を新しいアングルで一枚写真を撮りました。崩れ落ちそうな中段の氷がアクセントになります。このアングルは初めてだな。
 そして思った通り大滝の上から新しいトレールが加わります。彼らはこんな急なところも豪快にシリセードをしながら下降していますが、その跡が凍っているのでマシラは慎重にキックステップしながら下ります。

やれやれ今日も疲れたなあ

翌日、二つ玉低気圧の通過で大雨という気象庁の予報も厚木の街では少しばかりの雨が降っただけの大はずれとなり、この雨で消えてしまうと思われた稜線の雪も大山の雪線では、大した変動無し。でも少しは雪が絞まったかな。


自宅6:45〜丹沢観光センター8:30〜大滝:本谷沢分岐9:30〜不動の峰12:20〜丹沢山〜大滝13:40〜雷平〜丹沢観光センター14:50〜自宅15:55  '01/03/03(曇り)





  頁トップへ  マシラのHP