丹沢 寄 滝郷沢
 246を走る。
 朝の国道は運送用が多い。業界は深夜から早朝は稼ぎ時と聞く。明け方はそのラストスパートの時、次の休憩地はどこだか知らないが今が頑張りどきだ。いますこし…目を開いてガンバレ 諸兄
 だからか、びゅんびゅん走る。
 着いて走れるほど俺に自転車力ない。次々脇を通り抜ける。
 前方が見えなくなるのと、信号付近の道路が車重で歪んで波のようになっている事、それに自転車は道路脇の雨水側溝近くを走路にするが、このコンクリート溝と路面は一面となっているつなぎ部分て重量車が多く走る道には数cmの段差が出来ていることが多く、この段差でハンドル取られて転びそうになることがあったりする。それに市街を貫いていく道路は信号が多く、その信号ってさ、車なら信号間をノンストップで走れるように設定されているらしいが、自転車だとそれでは少しだけ短すぎて、信号毎に止められることが多く、それで休みが多く取れるのは歓迎だが、せっかく良い具合になったと思ったら止められるというんでは調子も糞もあったものではないということで、この道路を自転車で走るのは好きじゃない。
 でも、久しく走っていない道路だと、そういう悪いところは忘れいて、時にはいいんじゃないかななんて思っちゃうのだ。
 そして実際に走ってみて「やっぱり、この道は好きになれない」と思う。二度と走るものかと誓う。
 数ヶ月たつと忘れる誓い…なんと安っぽい 誓い (笑;)

 善波隧道への長い登りに掛かったところで自転車の五人組が抜いて行った。着いてけそうな感じだなと頑張ったが、ラブホが右手前方に見えてくるあたりで息苦しくなってギブアップだった。そう思った瞬間から間はガンガンあいていって直ぐに見えなくなってしまう。残り二百m行けば登りの頂点隧道入り口であり、そこからは下りだったなのになあ。その少しががんばれなかった。でも彼等は余裕のよっちゃんであり、コチラは目一杯なので差はとても大きい。頑張るほうがオカシイのだと自覚せよかな。

 ここらを走る場合の楽しみなのは、善波隧道出口からの下りで眺める富士山だ。でも、今日は箱根までが範囲であり、それより遠くは見えない。頬に自宅から目的地までの間に数滴がプチッと水滴が当たった。たしかに。それが水滴・雨粒なのか、いやいや単に気の性であったのか。でも、予報から受けた感じよりは雲が多いとは思う。雨になることは無いだろうけど。

 246から堀山への国体道路に入る。町乗り自転車から山乗りのペースに変わる。堀川のバイク屋の辻を曲がって三廻部へ。
 道路脇には紫陽花があり、道端に沿って続く花壇に花が咲く。
 中山峠にかけて坂が少しきつくなる。脇に目をやれば、下方に広がる茶畑のその向こうに秦野の町並みが穏やかに見えている。自転車を止めてキチンと眺めていいかなと思うが、一度その意に従っちゃうと以降際限無くなるまで休むだろう。それが怖いから長くは休まない。
 住吉神社から少し行くと登りは終わり、上下の茶畑の中を水平に縫うように走る。遠くが見えて起伏の少ない山の中腹の道を自転車で走るのはとても気分が良い。この気分が味わいたいから今日はここに決めたんだ。ラストの部分は急に下って寄へ。
 それから中津川沿いに走る。弥勒山荘は営業止めたらしいが、その先にあるNTT公衆ボックスは今でも稼働可能だ。でもさ、需要があるから撤去されてないのだろうが、誰がこれを使うのだろう。俺には山の帰りに疲れた人がここからタクシー使う事以外には考えつかないが、その需要って多くても月に数件だろう。それ以外に何かあるかなあ。貧弱なおつむで考えてもしょうがない。

 寄大橋に自転車預ける。

 ここまで来れば山遊びは半分方終わったと同じだ。帰りも来るときのと同じ労力なら、今日の活動全てが自転車に乗っている時間に費やされるんだから、山のことを書いて飾るここの趣旨とは関係が薄くなってしまう。だからこの部分は建前からなら全部を割愛が本来かもな。他の人のプログだってほとんどの人の場合でも同様であって、自宅から山の入り口までのアプローチをこのようにくどくど書いたりはしないものらしい。
 でも自分の場合に限って言えば、ココの部分、山の中を歩くのと同じくらいに大きなウェートを占めていると思っている。そうであっても山の中のことを付け足しくらいに書いているつもりもないよ。それはそれ、これはこれ。



 車止ゲートから山側に入いる。
 レンジャーのような風体の人が川縁を対岸に渡って行った。
 彼が林の中に入っていったのを見てから、川を渡り、そのまま直進する。
 そこが滝郷沢の出会いであり、直ぐ奥にF1が見える。滝は周囲が脆そうに見える立った露岩に覆われていて、本体は当然ながら登れない。 この沢一番の大滝である。

F1は手前の小滝も登れず
遠くから眺めるだけだ


 滝郷沢は8年前にも来ている。




 今週は何処にしようかと考えたとき、
 山の中腹のなだらかな道から見下ろし見る左手は表尾根、中央から右手に続く渋沢丘陵のゆったりした感じがとても懐かしい気がした。目の前三廻部の茶畑の茶が畝って遠くまで広がりそこに朝の日が当たる。それが良いんだよ。
 だから中山峠を自転車で走ろうとの思いがまず浮かんだ。車が走らないのでもないが、通勤時間帯の抜け道以外の通行量なんてたかが知れている。
 そういう道を走るのが好きなんだ。それはそれで良しとして、それだったら沢は何処にするかと考えてここに決めた。アプローチ明瞭だし、下りも檜岳山頂から寄り道しないのなら30分もあれば足りて、沢の中は別として 手軽なんだな。

 本体が登れないだけではなく、手前の3mの小滝も登れなかった。岩がボロボロで足を置く場所もないし、人の多い場所なら木梯子がおいてあることも珍しくない場合も有るが、森林保護活動のメッカでもあり、俺がここの管理者であっても安全第一に考えて不要物は即座に撤去すれだろう。ここで以前に活動していた友人がそう言っていた。だからといってここに木梯子がないのがオカシイなんていっちゃあならない。登るだけなら、たかが3mだから無理しても良いが、本滝が登れないと分かっている以上は必ず下らなくてはならない。そうするとこの3mはとても高い障壁に思えて頑張って登ろうなどとは思えない。

 出会いの左岸にモノレールがある。
 その出発地点に立ち、一歩目から軌道を別れて滝に沿って登る。足下が切れていて高度感はあるが、思った以上に安定している踏み跡を追って落ち口の上に出る。

 奥に森林整備用遊歩道が沢を横断するために整備した鉄パイプ橋が見え、橋脚の間から奥に次の滝が見える。橋の前後は多くの人が歩くらしく、砂が固まっている。滝など登っている時にここを通りかかる人がいれば「あの人のような真似をしては行けません」と連れの子供らに言うのかなあ。などと思いつつ橋の間を通り抜ける。

 次の滝は二段滝である。7〜8mある。左下にホースが垂れている。さて、ここはどう登るんだっけ。滝は傾斜があり、それにすべすべして見えていて、巻いた方が良いかなと滝肌に近づくとちょこっとボコボコして見えた。
 下部は登れるだろうが、上部はどうかな。斜め上に一本筋が入っているが、そこに登れるかどうかが分からない。そんなときはまずは確実に下れる所までに制限して登ってさ、そこで様子を見るってことにして、そこで次の算段すれば良いわけで。
 そんなもんだ。

F2は森林整備&遊歩道様橋のその先にある
二段滝の一段目を左から滝壺に登り、滝壺の深さに引きずり込まれるな
二段目は左スラブをフリクションで登る



 一段目
 流れの左から登り、落ち口の水の中にも手を入れホールドを探して二段目との間の釜の縁の流れの中に立つ。段と段をつなぐせまい釜なのに水は深い。そこ渦巻く水に見入ると目が回りそう。ここに長くいると登れなくなる。そんな気がする。
 下では分からなかったが指が掛かるホールドがあり、腰の位置に左足を上げて左上の大きめのスタンスに乗る。釜の縁からは右手の流れの直ぐ脇の岩に足場あるのが見えた。二段目の流れ左のエッジにかけると体が引き上がる。右の足場に移動し直して手を上に伸ばすスト落ち口のがっちりした岩角に届く。おそらくが予想通りだったし、岩にぬめりが全くなかったこともあって、最初には無理かなと思っていたが登ってみれば思っていたよりは快適に登ることが出来た。この滝を登っただけで、今日の満足度は100%に達したと思った。

上に砂防堤が見えるところの滝
流れ左を快適(?)の登る



 そうは書いても山遊びは終わるまで続くだろ。気を抜いちゃあダメだ。

 小滝の三つは横脇の岩を歩き、コンクリ砂防堤下のコツコツスラブは左から登る。砂防堤はコンクリ製のが四つに石積み堤が二つあり、そのうちの一つは本体部分は消え、石の河原の中の山の斜面側に河原石のようになっているが、一直線上であるのがかって堤であった証拠だ。それら一連とラストのコンクリ堤を超えると二俣に着く。
 思っていたよりも二俣は奥であった。左の方が滝の数はあるが、右の方が水量が多い。それに直ぐ近くに次の滝が見えていて、二俣で直感で選べば右の方が興味を引く存在だと思う。
 右に入る。

 右俣
 最初の滝はヌルヌルな感じのスラブの滝であり、全般的に岩が逆層のように見えていて巻いてしまいたくなるが、右端は凹状溝になって二段に別れて、凹の中及び側面が登れるような感じに思える。落ち口の被るCSと倒木が気になるが、溝部半ばに引っかかっているCSが足がかりになるはずで、そこから左に移つって中央の落ち口に出られるだろう。
 但し、溝の中は水がジクジク落ちていて、それに濡れることは覚悟しなくてはならない。でも濡れる場所は限られるから、そこは早く動けば良いんだしと決めて登りだす。全くその予定通りに登る。両袖にぺったりと岩に着いていた泥が移ったのは想定外だったが、洗えば落ちる。
 次の4mスラブ滝は右から取り付いて、流れに向かって上がっていく岩棚バンドに乗るとホールド感良く快適に上に抜ける。

溝の中を登ったら両袖泥だらけになった。
だけど、それ以外の場所は登れそうもないのだから
しょうが無いよ



 そうすると、沢幅が広がり、ちっちゃめな石がゴロゴロ広がる河原のような中を歩くことになる。
 河原の一角にだけチョロチョロ水が流れ、他の所は乾いた石、もしくは苔と枯葉の乗った石、ここ何年も全然水など流れたことのない様な感じの石河原だ。足が速まり、歩数からずいぶんと進んだようには思うが、実際にこの距離がどれくらいなのかは分からない。

 そうこうしているうちに再び沢は狭まる。
 岩床が奥に向かって伸び、小滝が幾つか続く。傾斜は弱く、一番楽に歩ける水の中をジャブジャブと行く。こんなところばっかりだと沢歩きは楽しくて良いのだが、周囲の傾斜面から落ちて集まった倒木が重なっている箇所もまた多い。倒木が新しければまだしも古いのが多いと快適さが無くなる。例えば、倒木を支点に使おうと掴むとグニュッと不快な感覚とともに握りつぶれてしまうこともある。ちっちゃな沢なので、よほどの大水が出ない限りこれらの倒木が流れ落ちるなんて事ないのだろう。もしもだが、この倒木が流れ去るような大水だとすれば、出会い対岸の管理小屋にだって影響が及ぶ可能性だってあるが、ここらでは久しくそのような出水の話は聞いていない。
 これらの倒木は前回(8年前)に来たときもここにあったはずである。覚えて無いがタブンおそらく

緩い滝を流れる水を踏むように登る



 …………

 でもだからこそ同じ沢に入っても新鮮みが保たれ、この先がどうなっているのかという楽しみがその都度持てるということにもなるから、記憶力の低いことは悪いことではない。

 小滝のラストは6mの滝である。滝の上には間引きがされて空間がすっきりした植林帯が上に向かって登っていくのが見える。その上には稜線近くの景色が広がっている。もう、ぼちぼち終わりかな。

この滝上で水は一気に涸れる
脆そうなのでここは巻いた





 滝の傾斜度は強くない。でも水垢に濡れていて登れない。左の草付きから回り込んで落口の上に出る。

 直ぐ上の左側斜面が水の湧き出し場所になっていて、上には一滴の水もない。喉を濡らす。

 カラカラに涸れた岩の沢がここから奥に続く。簡単な岩場状がいくつか続いて、それのドン詰まりのような感じで高い涸棚が見える。
 全くの涸棚
 ここは前回どうやって登ったんだろうか。
 最初に考えたのは巻くことだったが、目で登れそうなところをつなげると巻くまでもないと受け取った。
 中央右から登りだし、一段上がったら中央に移って登る。これは絶対大丈夫と思える岩角だけを使う。靴はたいてい半分は石の上にのせられる。何カ所かはそうでもなかったが、手か足のどちらかはがっちりしている。そんなだから片手を岩から放してカメラを取り出し撮りもする。指だけしか乗せられないような微妙なのはなかったと思う。そうでもなければ十mを越えるような急傾斜な棚は確保無しで快適には登れない。ゆめゆめ浮き石だけは掴んじゃだめと用心はする。

涸棚一つ目
中央が登れる。順層であり快適
残置もあるが転落防止用であり登攀には不要



 そして涸棚がもう一つ。
 先ほどの涸棚よりが低いが、反面下部の傾斜度はより強い。下部を抜け出たところに確保用残置の紐が揺れているのが見える。あそこまで行ければ良いのだが、そこまでが問題だ。登ったら上に抜けるより脱出の方法がないこのような滝はより慎重に登り方を考えなくてはならない。
 でもマシラにはそんな気がない。
 だって巻くつもりなんだもの。一目見てこれは難しいと思った瞬間に、左右両岸のどちらから巻いた方が楽かに関心は移っているのだ。右手の露岩には上から滑り落ちてきた二本の高いスギが上部で寄りかかっている。この木は前回もそこにあったとおもう。
 そうだ、
 あの時はまだ青い葉があった。

 この木が伝えないかな?。

涸棚二つ目
一つめよりは急だ
倒木に沿って右から巻くが
倒木の下は露岩帯で傾斜有り、お勧めはしない巻きコース



 そのために滝の基部まで行き、そこから、右壁手前方へ平らな岩を3mほどトラバースする。頭上3mが倒木の幹だ。簡単な移動だろうと見た平らな岩に乗った砂が薄く支持力無くて、足をすくわれるのではないかと気ガキでなかった。岩に乗る前に割れ目と見えていたのは逆層が薄く剥がれた岩の逆段差の接合部で、そこを伝おうと思ってもズルズルと滑り出しそうで、細い岩の溝に爪立てやっと保持した感じで、落ちたら困るなと思うと下まではますます高く感じてビビル。
 実際にはそんなに難しいはず無く、自分の気持ちが委縮して難しく感じているだけなのだと思うが、体はなかなか自在に動かない。平板部の上端まで移動して頭の高さ位置に近づいたスギ枝に手が届いて一安心する。
 そこから落ち口下に直にトラバースしなおうかと考えていたが、杉の木と本体との間に急な一歩では渡れない凹状があり、諦めて滝から離れて安全帯まで一旦抜けてから沢に戻る。

 そうして戻った沢では先ほどまでの岩床は無くなり、石積もるガレガレな沢に変容だ。もう長くは続かないだろう。
 そう考えていたところに目の前にがっしりとした丸太ステップの階段施工の仕事道が横断する。

 涸棚二つ登ったし、もう十分だと思っていたんだと思う。沢歩きはここまでだ。
 階段を上り、右手に水平に進むと尾根に出る。そこにモノレール軌道が上下に伸びている。出会いにあった軌道の先がこれだ。
 手短に済ますならこの軌道に沿って下ればよい。以前どこかの沢を登った帰りにこの尾根は下っていると思う。その時とこの沢を登った時の記憶によれば、ここらはボランティア森林整備のメッカであり、それ用に手入れの行き届いた作業路が余るほどあって、40分もあれば十分に下に着くことが出来るはずだ。
 だが、せめてここまで来たのなら檜岳の山頂には着きたいし、それにもう一つみたい滝みある。ここで下るとその両方が腰砕けになってしまう。だからこの場からの下りは無しにしよう。

尾根にはモノレール軌道が延びる
それによって古い道は分断されて歩きにくいが
レールによって方向は明確だ


 軌道は直線に登っていく。仕事道がそれに沿うように続く。

 歩くとジグザク折れ曲がりの都度に軌道に遮れてしまう。調子が出ない。だからといって軌道に沿って登ると急すぎて長くは歩き続けられない。どっちつかずに登って急な登りが続いて、それでもあそこ等が山頂かと、
 そこに立てば単なる平坦部でなかなか尾根歩き終わらない。水棚沢の源頭の大ガレが途中の木々の間から直ぐ近くに見える。
 軌道に沿って登って行くと水平な仕事道がもう一本。これは何処に行くのだろう。それに入って滝郷沢の左股上部まで行くが、この水平なまま山頂を巻いて進みそうなので戻って、再び軌道道に戻って登る。
 思ったよりもこの尾根は長い。沢を抜け出して軌道に着いた時に、五分も歩けば山頂に着くだろうと考えていたが、実際には30分は掛かった。仕事道探索の時間も10分くらい入っていたが見込みよりずっと長かった。仕事道で止めた沢もまだまだ奥まで続いていたことになる。

 軌道は山頂までもう少しという地点で終わっていた。
 そして正確に書けば本日は檜山山頂には至っていない。
 付近までは行った。なぜなら上り詰めたピークが一面がアザミの原だったのだ。山頂の標識はあたり見え無かった。タッチしてない。そんな余裕がなかったのだ。
 だってアザミの葉っぱの棘がパンツを通してチクチクして刺激してくるんだもの、少しでも刺激の少ないところをと薄そうな所を探すが、前後左右が全てそうなんだから逃げよう無く、こうなれば山頂がどうのこうのより、百m四方くらいのこの草原を早く脱したい一念が何事にも優先して物事が前に進む。だから山頂付近にいるはずであっても、自分が何処にいたのかも分からない。秋になればトゲトゲは更に堅く鋭くなる。このアザミの原が花で埋め尽くされ万人が綺麗だと言ったって俺は中には入らず外から眺めるだけにしたい。



なにの方向感覚を惑わされて着いた山頂付近は
チク・チク・チク・チク・チク・チク・チク・チク・チク
チクチクチクチクチクチクチクチクチクチクチク
アザミの棘のチクチクした感じが快感に感じられれば良いのだが
私あ SMショは嫌い あああぁぁぁ


 アザミの群生の中にモノレール尾根から回り込んで入り込んだらしく、その回り込んだ感覚がないから方向感覚が180度回転したらしい。アザミの原を抜け出て少し歩いた場所に立つ赤いペンキに縁が浸みる古い登山標識の【←雨山峠:秦野峠→】の示す方向が感覚とは逆だった。
 「えっっ へんじゃん この標識間違ってる」
 自分が正しく標識が間違っているのを疑わず、気持ちは雨山峠の方向へ、登山標識では秦野峠方向に歩きだす。そこから百mも行かない場所の新しい感じの登山標識が前のと変わりなかったので、それで間違っていることを自覚した。もしも自分の感覚だけで歩いたとしたら行き着く場所は玄倉であり、その場合は自転車回収に大手間を掛けなくてならなかった。だから二本の登山標識にはとても感謝する。


 雨山峠に向かって歩く。
 丹沢をずいぶんと歩いた。だが、檜岳から雨山峠の間を歩いた記憶はない。ここを歩くのも目的の一つだったのだ。
 だからといって尾根歩きの解説を長々するつもりはない。でも、檜岳〜雨山峠間の山稜は照葉樹の木々に覆われて山肌には木漏れ日の日が入っていて、それに下草も低く、歩いている周囲は明るく、それに雨山峠への箇所を除けば急な下りはなく、万人共用の登山道にしては柔らく道が出来ていて歩き易い。このような道は好みだし、行き交う人に出会う可能性も低いのも良いとおもう。なんか得した気分で超ハッピー! 

 雨山峠から下る。周回してきたもう一つの理由はイイハシの滝を見るためだった。
 そのためには雨山峠からなら下り一方で寄沢の出会いに出られので都合がよいと考えた。

 江北高校の遭難碑の所で登山道が沢に接触する。そこのガレ場を横断すると沢が左に分岐している。寄沢本流である。登山道からはとてもわかりやすい場所にあると思う。

 寄沢
 イイハシの大滝を見に行くには、いくつか滝を登らないとならない。簡単だと良いのだが、ここはそうでもないからホイホイと軽い気持ちでは入れない。
 それくらいは承知しているつもりだが、滝郷沢歩きで本日の沢歩き気分は始末が着いているのだ。だからここでは難しいことは無しにしたい。だが、その意に反して最初の10m滝からして直登が難しい。普通は滝すぐ右の岩場を登るのがルートだが、ここだってスリップしやすい危険な岩場だ。前に登っているから分かる。沢に入る予定でなら登りもしようが、本日はF3を見物にちょっと寄っていくだけなのだから、沢登りモードはなしにしよう。

 では、どうしようか。
 それ用らしい虎ロープが先ほどの滝の登り口岩の右に上から垂れて降りてきている。でもそことても素直には登れないと思う。ロープ筋に従って登るとしたら垂直な露岩帯を3mはロープ登攀させられるのだ。おまけにロープには握り瘤が付いていないので登り切る前に腕力が尽きてしまう可能性が高い。脆そうな岩の上で腕力登攀するのは好みではないしねえ。
 そもそもロープは下降用にセットされていて登り用ではないと思う。

 そのロープの右に砂地の急斜面になっていて、それを落ち口の高さまでの登れば左に移動してけると見た。その場合、ロープ垂れ露岩へのトラバースの一歩の足場が露岩から剥げたような岩っていうのが少し気になったが、実際にそこに着いてみれば灌木が鉄棒のように手掛かりになっていて、案ずるよりも易くロープを固定している立木に着く。落口の上に虎ロープに沿って沢に立つ。

 次に滝はFナンバーなしの二段滝。これは簡単に登れる。

 そしてその次の三つめの滝へ
 滝左の平岩スラブの右端が突然欠けて無くなったような岩が登り口である。岩の割れ目のようなところに足をおいて
 下れるかなあ。何とかなるかなあ。
 そればっかり気に掛かって、ここの写真取るのを忘れた。たしか、前回の記憶では残置があったように思う。二箇所くらいコマイ所があって残置は見あたらなかった。
 それでも登るのならどうにでも登れるが、でも下りの場合は上からは足場が見えないし、右は切れていて下には硬い岩が待っている。
 ココどうして下ろうか。どうしようかと思いながら何とかなるだろうと登る。
 最悪の場合、
 ここはダメだとしたら大滝の右岸が上れるはずだ。前回はそうした。楽な巻き道ではなかったが、そのとき大丈夫だったので今回だって大丈夫だろう。
 ただ今日は見物だけだから、出来るなら楽に出会いに戻りたい。苦労はしたくない。ダイキライ
 F2上の、大滝手前の、左岸の登りの出だしの岩場ってどうだろうか……急だな。回り込むところがF2の落ち口より下の空間に出そうだし、あそこダメだろうな、
 やはり右岸か、
 いやいや もしかしたら素直にF2直下降がもっとも易しいのかも。
 とっても逃げ腰気分いっぱいな、でもどうして楽して下ろうか。そんなんじゃあ…滝見物の先行きは怪しいぜ。

カメラの調子がネ
真ん中に光ものが入ると同心円のハレーションを起こす。これもそうだ。
よって大滝の写真は何かとピンぼけだ
迫力だけ感じてもらえればね


 大滝は迫力だった。記憶と相違なく期待通りだった。下からだと最上端の一段が見えないと言うが、それでも表丹沢一番の落差を誇るイイハシの大滝は素晴らしい。一段目を上がるが、少しでも靴が濡れてると岩が滑るのが気にはなる。滝壺に近づいて落水から舞う霧シャワーを浴びる。でも心は下りはどうやって下ろうか。そればっかり気になる。安全に戻らなくては

 こんなんじゃ
 へっぴり腰に拍車が掛かかって本来は易しい所が超難場に変身するのは間違いないでしょう。


 帰り その予測通りに ああああ…あぁ しょっぱ(塩)
 
 右岸を巻くしかないかな
 でもその場合は高く高く上がる必要があって面倒だし。
 やりたくないよな

 それで一番普通な選択のはずの
 F2を下る体勢をもう一度取ったが
 三歩下がって、そこから平岩に入るところで自信が持てなく止めた。どこかに確保ロープを掛けて補助にして下るのが普通だろう。その確保ロープ無しでのクライミングダウンは登る場合より二級くらい難しくなる。ここを下るくらいなら右岸に入った方がずっと気分は楽だ。

 ダメだと思っていたF2の上に位置する左岸ラバースは実際どうなんだろうかなあ。楽をしたい気持ちが懸命に楽なところを探す。良くない行動パターンだ。それがさらなる深みにはまらないという保証無いのが山なんだとは知っていても、『行けるんじゃない』と、そう思わせる。

 遠目にダメでも近くに寄れば何とか行けるって場合も多いから。下がF2に直結していて、回り込むところがF2手前の下に支えのない空間だというのが気になるが、

 取り付き部分は急に見えたが、岩を回り込むまでは易しい。
 それよりもその先 傾斜平岩部が問題だ。
 砂が薄く、支持力無いのが分かる。先ほどの滝郷沢ラストの涸棚の左岸からの巻き道の出だしに感じが近かった。ここを通過して、次に平岩の上に乗った感じの露岩の垂直面2mを越えられれば安全地帯に出られそうだ。その垂直面上の露岩表面には灌木が何本かあるし、その灌木に手が届くまで体を上げられるかがポイントだ。目論見はそこまでにして、まずは平岩表面に細いバンドを3m移動する。右横端は切れているので上がるほか無い。
 平岩はこなした。次は露岩の割れた2m面だ。
 ちょっと険しいぞ。
 あらかじめ引きずり出し首に回していたシュリンゲをつなげて露岩の上の割れ目の這える立木に投げ縄してみたが体勢苦しくて、それに元々少しロープが短くて木に届かずに諦める。露岩の細い縦クラックに灌木の小指より細い根っこが一本、10cmくらいの長さで出てた。
 乾いた岩の割れた面の中央付近に、なぜここにというような感じの根っ子。生きている根っこ。
 それをバランスにして一歩上がると露岩上の右の方の灌木の根元に手が届く。葉は生きているが、でもこの灌木下がろうかと確かめ動作すると露岩上の僅かな砂を頼りに生きている木はビシッと根っこが剥がれ行く感じ、根が一部ちぎれる音有り。こんなのに全部を託すわけにはいかない。

 別の何か ないか。
 先ほどの壁根っこを握り直し、それと右手の灌木で体を引きつけて、「よいしょ」と体を上にして最初に投げ縄しようとした灌木を左手に持ち替える。これで露岩から剥離している出っ張りをスタンスに出来る。灌木を手にする前は腰の位置より高かった剥がれ掛かった岩なので手を出す気になれなかったが、両手で体重を支えられるなら、それが万が一剥離したって大丈夫だ。これで身を2m露岩の段差の上に乗り出せた。
 いつも上手くいくとは限らない。それは重々承知かといえばそうでもない。でも楽観でいなくちゃあ滝見物などできやしない。でも用心はしたい。用心はしよう。

整備林にさく花



 急斜面を掴まる灌木があり、薄く踏み跡らしきもある。
 尾根に乗り、直に出会いに下る。
 楽ではなかった。10分くらいの予定が50分もかかってしまった。でも見たいものが見えたので全てよしだ。

 そんなんで満足しちゃったらしく、歩く足元がフラフラしてさ、登山道は沢沿いの不安定な石を踏んで行く。しっかり見て小石に引っかからないように努めないとならないが寄大橋まで惰性があるから進むくらいの締まらない歩き方だったと思う。

 自転車での帰り道
 中山峠に入る道、
 土佐原・鍋割・観望台との標識があって、
 中山峠への道の一つ手前の農道に誘われてしまった。
 この道によって苦しい坂登が不要となった。なぜならば本道のような頑張れば乗り越えられそうな傾斜ではなく、茶畑の中を直線上にぐんぐん上がっていく農道は、軽トラックだって精々頑張りが必要な角度の坂であり、自身の脚力の範囲を超えているのが入って直ぐに分かったのだ。だから観望台まではずっと自転車曳いていったのでコチラの方が楽で良かった。
 汗は出るが、この道の何カ所かには湧き水の飲用場が整備されているから困らない。展望台付近からは山裾から中腹にかけ茶畑の中に点々と家々が見えて、
 そこここの畑には人が出て手入れを行っているのも見えるし、道端で農作業する人にあえば挨拶もでる。他の場所で知られている所に例えれば逗子から平塚までの海沿い道路を走る気分に似ているかなあ。潮風はないがこちらには薫風がそよぐ。
 いい汗掻きたくなったらまたここらがいいよなと、そんな道を歩けたのが良かった。

土佐原は南向きの山の中腹に茶畑と民家が点在する懐かしい雰囲気だ。
急坂を登り終えると平坦路がずっと続く
晴れている日にこのあたりを自転車でゆっくり走るのは気分良い


 中山峠からは下る。
 246
 赤信号で止められることの多い車とはトータルでは似たような速度で厚木に帰ることになる。降らないはずだったが秦野のあたりには雨が降っていた。だけどほてった体を冷やすにはこれがまたよい。それに朝と違ってびゅんびゅん走る元気な自転車もなく、抜くことはあっても抜かれることないから気分が尚良い。


 付け足し
 国土地理院が公開している地形図の滝郷滝の位置がオカシイとおもわないか。水棚沢と思われる沢の中流に「滝郷滝」書かれている。
 水棚沢に滝の固有名を記載するほどの滝があるかと聞かれれば俺の場合はNOと言う。
 寄沢本流 イイハシ大滝だったら納得できる。

前回の滝郷滝



自宅4:30〜堀川〜三廻部〜中山峠6:10〜寄大橋6:35〜滝郷沢出会(森林保護管理小屋前)6:45〜二俣(右へ)7:20〜二つめの涸棚を終えて仕事道に8:25〜モノレール尾根8:30〜二つめの仕事道探索〜モノレール道へ戻る8:50〜檜山(付近のアザミ原)9:00〜登山道9:05〜雨山9:25〜雨山峠9:35〜寄沢(イイハシの大滝見物)10:10_50〜寄大橋11:20〜土佐原(見晴台)11:40〜中山峠(住吉神社)11:55〜三廻部〜246〜自宅13:00 曇り(帰路秦野は雨)20130608

頁トップへ  マシラのHP