今週は山はお休み だから暇つぶしの駄文 ご賞味あれ(チョット臭いけど)

 たとえ外が猛吹雪だったとしても三千メートルの稜線だって雪尻崩壊の恐れのない稜線の東下とか南側斜面の下の雪洞の中にもぐり込んで一週間の間を食いつなげると思える食料を膝の中に囲い込んだら、お空の機嫌が晴れる迄の日々は何回思い出しても愉快で、行ったことはないから詳しくはないけど、まるで天国のような気分を現世で味わうことになることは間違いない。そんな極楽世界でも残念ながらゴタゴタとしたことがあり、昔のそんな場面を思い起こしてみると、一番面倒なのは現実に生きている生物が催す通常は一日一回定期便のように催す生理現象をどうやって楽に処理するかということだった。
 この世の天国のような状況を何十回も体験したことがあるわけでもないから、大きな口は利けないけれど雪洞の外の冷たさを知っている人間って、じゅくじゅくと濡れかかっていてもほのかに暖かいシュラフから抜け出し、氷点下二十数℃の世界に飛び出して尻を烈風に晒す辛さも身に浸みているから「もうダメだ 何とかしなくっちゃ」という絶望感が襲ってきても、「俺が今、解決してやる」という強い意志につなげるまでには実際に催してから随分と時間がかかるんだよな。

 そして、どの世界でも言えることなのだが最初に打って出るっていうのは「出る杭は打たれる」というように風当たりや障害が多く、「パイオニアワーク」とまで大げさに言うこともないけどヤッケをかぶり登山靴を履き、身を整え、ぽっけに使う分のテッシュを丸めて用意してから手袋をしてスコップを持ちだす。やおら雪洞の入り口を開け、夜中の間に厚く吹き積もった雪に向かって突進し、スコップと体でかき分けて外に出る迄にも幾多の障害が待ちかまえるのだ。これらの障害を乗り越える事を少し想像しただけでも面倒な作業が目に浮かんでくる。「あ〜ぁヤダヤダ絶対ヤダアイコ」
 そうして外に出たときには既に全身雪まみれになって、更にキジ場までのラッセルを行なっている間に懸命の作業で火照った体はすっかり凍えてしまう。下界だったら新聞読みながら30分もかけてゆったりと済ます作業も、前準備に30分もかかるのに、出したいといういかんとも従い欲求は数秒の快楽と共に消えてうせる。
そして次の苦しみが襲ってくる。痔持ちの人は更に地獄の苦しみを味わうことになるし、そうでなくっても不安定な雪稜から尻をまくり上げたまま転落したという話はあっちこっちで聞くし、きっとこの催しの最中に肛門を凍傷(しもやけ)になってしまった御仁だって相当に多いはずだ。そんなわけで、せめて、大くらいは見通しの利く昼間に済ましたい物だが人間生理はいつもいつも自分の読む通りうまくいくとは限らない。最初に便意を催した者は大変なのだがその後に済ませる人にとっては無くてならない存在なのだ。
 だから、大勢で籠もっているときには我慢が限界に達するまでじっと待つのだ。もし「俺もうダメそう」なんて漏らすものなら「しめしめ此奴がもう暫くすればキジ場までのルート開拓をやってくれそうだ。それまでの我慢だ」と我慢比べの格好の目標になってしまうのだ。だから、楽をしようと考えたら、その瞬間まで絶対に「もうダメ」と漏らしてはならないのだ。
 何しろ二番目は一番目より格段に楽なのさ。入り口も開いているし、キジ場までは一目さんだ。苦痛の時間は長くて数十秒だろう。だから一番目が出て戻ると入れ違いに二番目が飛び出し、「次は僕の番」と三番目が用意をする。続けて4番目5番目と続く。ただし一番目はそれで終わったと安心してはならない。一番面の懸命さはともかくも路を切り開いたのに始末は拙速に過ぎる場合も多く、その結果に対して二番目は容赦なく「済まし方が汚い」などと小言を垂れるのだ。

 そんな状況もまだよくて、沈澱&停滞が続くと二番目以降は小だったらビニール袋に済まして、外に出ている一番目に「おい テントの外10mのところに捨ててくれ」と押しつけることも発生する。それが何回か続くと、あげくには雪洞の中で済ました大を「外に捨ててくれ」と言い出しかねない。狭い空間に閉じこめられ、同じ顔と突き合わせて変化が無くなるとトコトンずぼらになるものだ。そして先頭に立って外に出た者だけ世間の冷たい風に当たって辛い思いをすることになるのだ。パイオニアは大変だ。
 そして偉大なるパイオニアも冷たい仕打ちを繰り返し杭を打ち尽くされ小ずるくなると、ずぼら体質に染まった洞内には沈滞ムードが漂い、そのムードは全員が雪洞内で大を済ましてしまおう言う雰囲気になる。あらかじめ、それを予測して雪倉を複数作り、倉庫、キジ場を離れ風に作り、その間を小穴で連結するように準備立てているなら良いのだが、そんなゆったりとした雪洞を築ける場所なんて高所では限られて、そうそう出来るものではない。たいがいは一つしかない洞の中の一角を少しだけ掘り下げてそこに済ますと雪で埋める。そして「これで良いだろう」とのたまう。しかし、これは断じて許してはならない。もし、その挙動を一回でも許そうものならば、どうなるかって!。雪は断熱材ではあるが、溶けて流れ出もしない限り臭気はまず吸収しないから、まもなくすると雪倉の中の全員がそいつの臭気に24時間さらされることになる。たった一人でもそうなのだから「僕も」「私も」ってなったら、たとえ外が猛吹雪だったとしても、その雪洞は放棄して新しく作り直さざるを得なくなること請け合いだね。ともかくも最初に外に出ることはおっくうなことなのさ。だから普段は下痢症の人だって厳しい冬の山へ行けばたいがいは急性便秘症になって、溜めに溜めた後の処理にいきみせっこんで切れ痔になってしまうのさ。それはそれで辛い。

 こんな状況の雪洞の中の沈澱ならば救われるよね。どうせやることはないから下ネタ話から世間話、歌合戦、そしてなぞなぞ、挙げ句の果ては「私の告白」や「私の主張」時には「アルピニズムとは便秘になること」なんて吹っかけ話を繰り返し、どうして暇つぶしをやろうかに最大限の努力が払われるだけの実に楽しい時間。こんなこと山屋を自称するならきっと二度や三度誰でも経験しているし、そんな時間の止まったような過ごし方をする自堕落な一瞬が有ってもいいとおもう。
 
 一方、それとは全く違う、いわゆるビバークと称す露宿も有る。岩陰にともかくツェルトは張っては見たものの、風が吹くたびに四隅はめくれ、吹き飛ばされないように夜通し押さえ、バタバタとあおられる内部には霜の雨が降り、食料袋を除けば底が見え、ガスボンベを振ると僅かな液体が頼りなく揺れる音がかすかに聞こえてくる。「ピ〜ピィ」と不明瞭なラジオにかじりついて天気図を書いてみれば中国東北部に1050ミリヘクトパスカルの居丈高な高気圧が鎮座し、タイガース模様の等高線は何日も変化しないままじっとしている。登山靴は二日もはいたままで指先の感覚なんてとっくに無いから時折は靴の上からたたいてみるが、中がどうなっているかを確認しようとする勇気も湧いてでない。
 少し風が収まると「ところでさ、ここはどこらあたりだろう」と半分凍り付いたシュラフの口からこわばった声でパートナーと「僕等はどうなるんだろう」と続かない会話をぽつりと交わしてじっと耐える時間。こんな場合は一時間が長く辛いんだよね。それが一晩ニ晩三晩と続くんだ。朝は何時来るんだろう。何回も何回も眺めるが、あれからずいぶん経ったはずなのに時計の針は5分も進まず、時間は果てしもなく長い。
 時には腰を下ろす場所もなくザイルにすがって闇夜に向かい、数刻のコックリを繰り返し、気が付けばザイルにぶら下がって宙づりで眠りこける体たらくに「人間ってこんな場所や状態でも眠れるんだ」と妙に自信を持ったりする事もあるが、ほとんどは「俺はなんて馬鹿なことをやっているんだろうか」「二度とこんな思いはしないぞ」と自問自答しながら辛い夜を過ごす事になる。

 そんな思いを何回も何回も繰り返し、ちっとも成長しないままにそいつは「山屋」らしくなっていくのだ。
 試練も過ぎてしまえば笑い話の種にしかならないけど、生きて帰れればこそのものなのは確かだ。

 さて、今日の沈澱はどうだろう。
 世間の風は滝谷の烈風に比べればコチ(東風)のそよ風にしかならないはずだけど、弱虫マシラは穴に引きこもって今日はジッと騒動が通り過ぎるのを小ずるく待つと言いたいところだけど、そうは行かないのが会社組織なんだよね。

頁トップへ  マシラのHP