暑い日の弁天岩(広沢寺)

<写真削除 20100725>
 ともかく暑い。日に晒され白く岩場がかすむ。こんな天気に喜んでいるのは岩場を走り回るトカゲだけ。70°の斜面をモノともしないで岩の上10cmのアブを追っかけジャンプしている。
 平日と言うのになぜか三組もクライマーがいて、対岸、左、右とそれぞれ別れているが、登る場所は日陰のとこばっかりで、登るよりは木の下で寝そべり、「暗いマー」している。

 眼鏡が汗から立ち上がる水気で拭っても拭っても直ぐに曇ってしまう。だから彼らに倣おうかと思うけれども、それじゃあ、せっかくここまでパパチャリを引きずって来た甲斐がないじゃない。

 自転車の荷物かごからザイルを引っぱり出し、岩場の横から上がってトップロープのセットを行い、ゼルバン付けて次に靴をはく。

 休日出勤の振り替え休日取得なんて、普段はただ働きの見返り無しだから久しぶり。だから平日なんだけども「あれ 今日はお休みですか」なんて声をかけてくるご近所に大手を振って朝から空き地に家中のパンクした自転車を引きずりだして修理をする。3台のパンクは1時間もすれば片が付いて、ゆっくりお茶を飲んでもまだ時間が余る。直した自転車の調子を見るために、近所までひとっ走りしようよ。ついでに荷物受けにロープを放り込んで「おいおい何処にいくの?」と後ろから声をかけてくるユミコチャンに「ちょっとそこまで」といって後ろも見ずに飛び出した。

 日向の岩は暑い。こんな日に暖められて夜になれば冷え、冬には隙間に入った水が凍結して膨張する。それが繰り返されて、大気に晒されている岩にはヒビが入り、どんな堅固な岩もやがて割れて崩落する。
 今日はその暑い日で、岩はなんとかつかめるけど照り返しが強くって、5歩も進むと熱気に頭がボーッとする。当然、難しいところなんて登れるわけ無く、今日は三、四級がせいぜいだ。終了点に着くともう息絶え絶えというところ。間違いの無いようにセルフビレーだけはしっかり確認しよう。
 こうやって、内容はともかく、なんとか登ることが出来るけど、それより問題は下降だな。
 最初はヒンヤリしていた下降器は20mも下ると、触れられないほど暑くなる。下降器に触れないようにロープを繰り出す左手が、だんだん暑くなって、ブレーキをもっと利かそうと手をあげると、今度はザイルの熱がダイレクトに手のひらに伝わってきて、なんだかんだ言って、どうしても手が熱くなることが避けられない事が分かってから素手でロープを握ることを反省する。

 45mめいっぱい下降して「やれやれ暑かった」と言いながら不用意に下降器にさわったら「アッチッチ」
 あわててつばを付けて冷やすが水泡になってしまった。もう一回の下降が終わり、座り込んでロープを抜いた時、誤って水泡が再び下降器に触れたら「ジュッ」と音をたてて蒸発し水泡は破けてしまった。
 こんな状態だから下降器は軽く100度は超えている。当然ロープだって100度超えている。ナイロンの融点?、一体何度か知らないけれど、こんな使用を繰り返していたらあっと言う間に消耗してしまうに違いない。
 その前に、このロープ使い初めて24年、もともと相当くたびれてあっちこっち外編がほころんでいる。融けた跡の2mはP2フランケで落石を喰らって大慌てをしたときの痕跡だな。本当ならばとっくにお払い箱にしなければならないけど、ゲレンデもトップロープならショックもかからないからまだ大丈夫とタカをくくって使っているのさ。そんな代物だから、こんな状態で何回も下降したら、融けて延びてキンキンに固くなって折れてしまいそう。
 やさしいところばっかり(沢でこんな場所が出てきたら間違いなく巻いて逃げるレベル)だけど5本登ったし、やけども痛い。水も無くなったから、もうヤメだ

白昼の昼下がり
ヨシズで覆った販売台の奥でひっくり返って昼寝をしていたおばちゃんを起こし
ししとう1袋と
一口トマト1袋と
オクラ2袋を買って
おみやげにニガウリを一本もらう
更に途中で栗を買って帰る

ユミコチャンは「これは上物のオクラだよ」
「表面に細かい毛羽がびっしり立っていて育ちが良い」
「シシトウもツヤツヤで上物だわ」
「もう栗が出た。ヤッター!」
「それで全部でいくら?それって大安よ」
本当に自分で金を出さないときには歯の浮くように褒めそやす。
そこらあたり、彼女なかなかくせ者なんだよね
「他にはなんかなかった。椎茸は無かったの? さつま芋は?」
とちょっぴり残念そう。彼女の頭の中では即座に今晩のメニューが決まって
「今日は天ぷらだわ」
「アナタ、レンコンとサツマイモとエビをちょっと買ってきて」と付け加える。
誉められて有頂天になった馬鹿サルはいそいそと買い物に走るのだ。

その後は判っている。粉混ぜ、粉冷やし、上げ ユミコチャンの指図で動かされるんだ。
こうして出来た天ぷら、子供達に

「これってお父ちゃんが買ってきてくれたんだよ」
「おいしい野菜だわ」
子供達に
「あんたもこういうのを持って帰る彼氏にしなさい」と饒舌、持ち上げ上手
  これに冷えた白ワインがあれば言うこと無し
 
折角の休日があっという間に終わる。
(9月3日)


頁トップへ  マシラのHP