マスード将軍が亡くなったという。例のNYのビル爆破の何日前かの新聞に負傷と小さく、そして爆破の大きな記事の片隅に死亡確認と小さく記されていた。
 何時かのTVに彼が出て草原に寝ころんで、本を読みながら『平和になったら何時か学校に戻ってもう一度勉強したい』と静かに語っていたのを思い出す。残念ながら思いは中途にして、今頃は天国でコーランを読んでいるのだろう。『マスードに幸い有れ』
無宗教なマシラは宗教を冒涜するが如く無責任に彼を追悼する。

 ところで実際のアフガンでは彼の軍隊はタリバンに対し劣性におちいり、勢力範囲は極狭く、考えようによっては存在そのものが風前の灯火との状況とも言われている。そんな状況下でマスードが亡くなったといいう風評が流れて数日してタリバンの影響下にある勢力によってアメリカに未曾有のテロを実行され、5千人近くの人がその被害に巻き込まれたという。全くの偶然だろうか。
多くの人やアメリカ政府はビン・ラデェン氏をバックグランドにテロが行われたというが、私が無責任にもマスード将軍側の参謀だったらなけなしの資金をあの高名なテロリストであるデェーク・トウゴウに積み上げ、タリバンに見せかけアメリカにテロを起こすだろう。これは週間アクションだったかなあ、漫画の読み過ぎと笑って下され。一匹狼だが彼のネットワークを使い、中近東やアフガンでの戦争経験のある若者を集めればそれは無理ではない。劣勢を一気に挽回、危機回生の一生一回の大勝負だ。一度しか使えない賭だが、成功の暁には列国がタリバンをたたくことになり形勢は大逆転となる。
 アメリカは真犯人がビン・ラデェン氏で無いことが分かっていても、イスラム教が嫌いなブッシュとイスラエルの人々にとって、これで益々パレスチナ問題について強く出れる駒を手に入れたと内心はほくそ笑んでいることだろう。イスラム原理主義を『悪』と決めつける事が出来る大義名分を手に入れ、今までの幾多のテロの黒幕といわれている彼に天誅をくわえることは都合の良いことだ。全てのイスラムの人々や、少し限定してイラクやイランを相手にするよりは、彼が今回の真の黒幕であろうとなかろうとブン・ラデェン氏が犯人になることは、暴力をもって自分自身の損害を最少にして、イスラムを効果的に制裁を行うには都合の良いことなのだろうとおもう。しかし報復によってアフガンからイスラムを排除する事が出来るか。暴力は暴力を生む。正義は勝った者が正義。負けた者が悪。今は力が強いアメリカが正義。それは事実である。しかし何時までアメリカが強い国でいられるかは分からない。何百年もの間、絶対的はパワーが継続したことなど人類歴史の中に無い。神の前に絶対的な正義などはない。人類普遍的な神も絶対的な正義など何処にも存在しない。それらがもし有るとしたら、その時々の何れも優越サイドの人間が培ってきた教義だ。追いやられるサイドが造った正義など何時も紙きれみたいなものにすぎない。みよ、今回も軍需施設を壊滅した真珠湾攻撃はテロと避難されるが、一般市民が無差別に殺された広島、長崎は戦争なんだから当たり前とアメリカ政府関係者が言っている。
 そうはいってもテロに報復する権利はあると思う。するかしないかの選択も自由である。問題は報復する方法だ。ブッシュのUSAはこれらのテロを起こす組織及びこれらを支える国を壊滅すると宣言する。しかし、それが果たして可能なのだろうか。テロは一部の凶人が起こすのならそれを取り除けばよい。しかしテロは抑圧を感じている人達の中のこらえきれない感情が過激な分子に凝集して引き起こされるのが世の習いだ。IRA見てみよ。日本抑圧化の朝鮮国を見てみよ。テロの背景を排除するなんて事は力が世界の正義を決めている現状を換えない限り、または人々が民族主義や帝国主義的宗教をよりどころにしている限りなくならない。それでもテロを根絶するには国家、人種、宗教の浄化意外に方法はないと思う。
 それを実行しようとする欲望を満たすため、いろんなリーダーが過去チャレンジしてきた。ヒトラーのゲット、スターリンの収容所列島、文化大革命、クメールルージュの赤い革命、ユーゴの内戦。しかしそれが一度として成功した事例があるか。試みた人々は全て人類人道に対する極悪非道な行為と次の時代に裁かれるのだ。だがUSAが今のヒステリー状態のまま本当に突き進むならそれは実行可能かも知れない。なぜならばアメリカは世界に有無を言わせず民族浄化を果たす武器を持っている。そうだ、原爆をテロリストの国々に二重三重に投下すればよいのだ。根こそぎとは言わないが99.9%程度のテロの背景を排除出来るだろう。原爆投下を避難する国々もアメリカの政策に反論する国々もテロに加担している国と見なすと威嚇すれば日本などは最初になにも言わなくなるだろう。
 アメリカは大国だ。その気になれば何でも出来る。周辺国を外交と称して復讐の戦に同意させ、応援させているがそのやり方は衣の下に鎧が見えていて『賛成しなければテロリストの支援国と見なす』なんて言う有無を言わさない強制力をもって恫喝、脅かしでもって賛意をかき集めているように見えてしまう。恫喝には大概屈するが、その思いは深く脳裏に刻まれ代々と受け継がれどこかでその屈辱を果たそうとするのではないだろうか。それを断ち切るには強さにプラスして謙虚さが無くては人は付いてこない。正義はいつもいつも公平ではない。
 アメリカにはパワーがある。それを良しとして黙ってアメリカのヒステリーに誘われていっていいのだろうか。テロに反対する。そして自由の国には、それ以上に寛容の精神を期待したい。テロと同じヒステリーにおちいって正義正義と叫んだってそのリアクションからは次のテロのネタを仕込むウラミを生み出すだけではないか。アメリカは自由の大国ではないか。

 それにしてもタリバンをたとえ駆逐したとしても残されたアフガンになにが残るのだろう。たとえUSAや同盟国に支援され、この機会を使って北部同盟が全国を武力制圧したって、他民族支配を嫌うそれぞれの部族からなる民衆の心は付いてこないだろうし、パキスタンが好戦的は北部同盟に戦端を開くことになるかも知れない。まして内戦に際し逃げ回り国外で安泰に暮らしてきた元国王を心からは尊敬は出来ないから、彼に頼っての政治で国内が安定化する事は無いだろう。さあどうする連合国さん。タリバンやテロリストを整理したあとの彼の国を。まさか自分のウラミさえ果たせれば跡は知らないよと行って逃げまわるか。

 手元に長倉洋海著『マスードの戦い』1992年河出書房文庫版がある。今をときめく彼の強敵タリバンが出現し、それでもマスードの軍隊がまだ首都カブールの辺りをしめていて対ソ連戦に続く内戦の過程で苦しい戦況を迎える前の束の間の休憩といった風情だ。そこに、マスードは細身の体にぎらぎらとした正義感をみなぎらせ、時には寝そべって学生として建築学の本を読んでる。ソ連を追い払いパキスタンの干渉を排除し、今日タリバンにはめられ暗殺されたとはいえイスラムの英雄である事に違いはない。アフガンは彼のような使命感を持った人間を時代時代に排出し、過去中国の干渉を排除し、ソ連の干渉も排除しインドの干渉も排除し、アレキサンダー大王の干渉も排除してきた。そんな誇り高い人々から本当にテロリズムを排除しようとするならば人種の抹殺以外に方法はない。アメリカにはその力があるが、さて人類の滅亡の刃を抜く勇気(狂気)が本当にあるか。しかし、狂気は何時も正義の仮面をかぶって現れ、些細なことをネタにみんなをたぶらかす事も私は知っている。


 23日空は澄み切った深い青をみせてあの暑かった夏はすっかり遠のいて秋になったことを告げる。富士山七合目以上には早くも冠雪だそうだ。そんな秋の丹沢を直ぐにも探索に出掛けなくってはいけないのにどうしたことかここ3週間は一寸した用足しと報告資料の整理のため毎日毎日のように会社に行き詰めている。休日出勤したとてそんなに仕事が進むとは限らないが、会議会議の合間に少しは考え事を整理するためにはデスクワークも仕方がない。このまま秋が進んで冬になってもこんな事が続かないようにと願うが、よほど会社の景気が悪くなって業績より経費節減が優先するときが来るまでは益々この忙しさが加速する予定になっている。運動会の号砲が遠くに聞こえてくる。さてどうしよう。やけのやんぱちでテロル批判するか。あ〜あ支離滅裂の言動よと反省するのみ。2001/09/23

頁トップへ  マシラのHP