2003年3月1日 谷峨駅から戻る




新松田の改札口を出る。
JRの入り口までの僅かな距離を足を早め
ホッと頬に湿り気
「雨」
「そんな」
「まだ、いくらか後だろう」
顔を上げ、明けたばかりの空を見上げる。


床を離れてベランダに出て夜明け前の空を見たときには
気のせいかな、黒い雲有ったけど星も見えたように思えたから
予報では9時頃から雨と言っていたのは知っていたけど
それまでには山は下りてこられるだろうネと家を出た。

電車に乗る。
山の頂上は雲に隠れているけど
その上で雲は薄れていって
まだ明け方だから
青空も曇り空も端境はあやふやだけれど
薄ぼんやりしていて
なにかしら青みもあるように思える
大丈夫さ
もう2時間ぐらいは雨は降らないさ。

そのまま、二回、三回転、駅前の広場をくるくる。
掌を空に向け、両手を広げ、口を開け、感覚をとぎすました。
町中にいるときの自然への感覚は何故か鈍い。
雨なんてこれっぽちも感じなかった。

晴れていれば富士山が見える4番線ホーム
箱根山も金時山も山頂付近は見えない
安心できる天気じゃないけど
まだ雨が降るまでには時間があるさ

「さっきの湿ッケは気のせいだよ」
「大丈夫さ もう暫くは降らないさ」
「今日は駆け足して さ」
「雨が降る前に箒沢に下降するのさ」

流れが和んできた川面を眺め
うっとりする間もなく
山あいの谷峨の駅の
ホームはしっかり濡れていた。
「こりゃあダメダ」
大粒の雨が降りはじめていて
黒い雲と白い雲、僅かに青空がせまい空に流れ
でも、もったいないという心もあって
まだ山遊びを辞める程の雨じゃないよと言う。
「いいや 辞めたほうが」
何故か雨が小降りになると
帰ろうと言い聞かせた心が山に戻っていく

降車客は一人
箒沢行きのバスが定刻3分過ぎて到着せず
上がりの電車が無蓋のホームに入ってきて
「2分停車で発車します」のアナウンス
そんな些細なことで
瞬時に「帰る」と決まって
なんと安易な決断な事だろう。

折角のどんなに頑張ったって年に50回も行けない
山遊びの一回がこんな事で終了する。
ちょっともったいないけど、それでもいいさ。

雨が降って、春が来て
出掛けなければ布団の中で無為に過ごしてしまう時間を
ホームの向こうの雨に覆われた山々を想像して
駅舎でぽかんと過ごす時間の贅沢さ


自宅に着くとまだ仏果山には日があたっていて
今日は三峰辺りにしておけば
9時までは雨に降られずに楽しめたのに
西と東で3時間ほど天候時差が有るんだよ
出掛ける方向の判断ミスだよと
と言っても後の祭り、方向を変えて再び出掛ける気力もなく
ユミチャンが寝ている布団にもぐり込む。

2003/03/01 谷からリターン 今週はこれにて 終わり

頁トップへ  マシラのHP