三の塔(山岳SC〜往復)2004/02/14〜2/15

 朝方、まどろみの中で体を伸ばしたくなって足先に力を入れたら腓返りが起こった。のばさなくってはならないと頭が言っているのに筋肉はそれとは逆に縮んで固く緊張する。伸びる筋肉と縮む筋肉がごく狭い範囲で隣り合って起こり、そこでは強い緊張が加わるから筋に傷が入り、当然強い痛みがあって、最初の発作では一週間ほど歩けなかった。それから暫くそんなことは無かったのに、最近は眠っているときに頻発するようになり、今週は二度目だ。もっとも慢性化したのか一日安静にしていればとりあえず痛みはとれるようになった。
 そうは言っても日曜日の明け方の発作となると、ました真夜中に「イテッテテッテ」なんて突然叫んだあとだとなると、その日に山に出かけるのはユミコチャンに「行くな」と言われるまでも無く自制しなくってはダメだよね。自分では仕事のしすぎ?で自律神経失調に陥ったのだと思っているんだけどこれの回避策って何が良いのかな。知っていたら教えて欲しいな!
 てなわけで今週は山はお休み。(3/14)
「最近休みが多いぞ!」なんてクレーム無しにしてね。土曜日が休めないとなると用事があったり、今日のように体調不調で山に行けないなんていうのがどうしても増えてしまうんだからさ。会社も特高工事とかで久方ぶりの日曜稼働が休みだから緊急の電話もないからのんびりするつもり。


 それで書くこともないので先々週に出かけた大倉の山岳SCからの「三の塔」の写真でものっけておくことにします。
 SCに泊まって朝方に昨晩の酔いを醒まそうとぶらりと登ってきたんだよ。しろい吐息を吐きながら山頂まで登ったら遠くに富士山が白く輝いていた。早かったので道路は霜と霜柱で固められていてスリップすることもなく歩きやすかったのが良かった。
 だけど、山岳SCに帰ってみれば友達連中は退去したあとでもぬけのからだった。なんでも岳連の行事が有るとかって言うんで早々に横浜に出かけちゃったって唯一、待っていてくれた朋ちゃんが教えてくれた。昨日も遅くに着いて早速飲みだしたのでみんなに明日の予定なんて聞かなかったのが抜かりだったけど、朋ちゃんが厚木までドライブがてら乗せてくれたからご機嫌さ。大半のメンバーには来年までごぶたさだね。

    

原文詠み人知らず
ちょっときざですかね でたらめ訳詞もいいとこだよな
だけど英語も読めぬマシラが訳すとこんなもんさ
2004/02/14 山岳SCにて
A THOUSAND WINDS

頁トップへ  マシラのHP