山に行かないと作文する気も起こらない。だから、少し前に書いたのを適当に貼り付けて今週はすまします。すでにどこかの一部として掲載済み (2月頃が可能性大だ) だったものかもしれないけれども、頭がポケているので確認できない。もしも、そうだったとしてもあしからず。


「ったく何を考えているの <<怒ッ>>」

 明日は近場にでも行こうかなと山支度の準備を始めたのを見とがめたユミコちゃんが怒鳴った。そしてせっかく引っぱり出した山用の靴下とパンツを奪うと自分の洋服ダンスに押し込んで
 「ここは私の私物入れ」だから絶対に触るなと怒るんだ。

 なぜ、そう言うのかというと、こういうことなんだ。
 先週末から少しだけ体がだるいような気がするけど
 「まあ何とかなるわい」と思っていたのに、怠さが徐々につのり、四日目の会議の後、もうダメと体温を測ってみたら39℃を上回っていた。医者には行かなかったけど最近はやっているインフルエンザを罹ったらしい。
 すぐに退社し、自宅でじっと布団の中で休んでいたらやがて汗をかき熱は下がった。
 「よし会社に行こう」
 インフルエンザの熱、あるいは三日間も寝っぱなしだったせいか腰の間接が縮こまったような感覚があり、腰は少しこわばっていたが、まだ腰痛ではなかったのだが会社に行く支度をしていたときにクシャミが一発出てしまった。これで腰痛が再発してしまったんだ。それからはクシャミも寝返りもできずに更に二日休んでしまう。結局先週末からは2日しか出社できなかった。それなのに腰の痛みが無くなったから
 「山へちょっと」と言ったものだから、他に知らないほど丈夫な堪忍袋を持って自認するユミコちゃんでも
 「バカタレッ怒っ」となったのだ。当然だろ。

 だけど山には雪が降っていると言うじゃない。そんな場所を気ままに歩いてみたいと思う気持ちは分かるかな。今日は昨日の続きの明日ではないんだよ。昨日迄の痛みは過去のことじゃないか。昨日までのことと明日のことは別に考えようよ。
 と言うのはマシラの屁理屈かわがままか! 

 理は誰が考えたってユミコちゃんにある。
 だけど、めげるなマシラ。それにホリエモンも。金とエセ資本の論理って言われるけど、異なもの・出た杭の弱り目を 「いい気味」「 ここぞ」 と叩くのはどこの社会でも世の常さ。嘘をついたのは悪いことだが、目に見える形で既成概念を変える力があると世間を信じさせたのは確かだったと思う。そのまま、成功させたかったら、まっとうな数字の提示と、もう少し言葉の使い方を考えた方が良かったかもしれないけどさ。マシラは被害者じゃないから好き勝手いえる。

 幸いなことに日曜日は霧ション雨だった。雪の中を歩くのは気分が良いが雨の中だと水分に体温が奪われる事による事故も考えられるので、朝方の出かける時間帯だけのたとえ一瞬でもこんな日は誰に言われなくっても山はお休みに決まっている。そうやって言い訳して山遊びを二週間も連続して休むと来週の週も何か理由を探して惰性のままに休んでしまいそうな気が最近マジして少し怖い。

 数年前だったら、この程度の天気なら、それに見合って間違いない安全な場所を探して出かけていたのに、早戸川林道の除雪が少しだけ甘くなったとか、しめった雪に降られのは身の危険とか、調子が悪いとか言って何かと「お休み」にしてしまう。本当に弱気のヤキが廻ってきたのかもしれない。 


追伸
 昼間、この間撮った「バベットの晩餐」を見ていると雨に出かける場所を失った娘・息子が「たくっ暗いビデオ見ているな」と寄ってくる。このムービーは彼らも何回か既に見ている。息子は干しヒラメ3枚を二枚に値切って買う場面がお気に入りだし、娘はベーコンを商店で言葉巧みな詐欺師まがいに手に入れる場面が妙に気に入っている。そしてマシラはバベット渾身の晩餐が人々の心を徐々に融和させるクライマックスが気に入っているんだ。

「ハレルヤ」の唱和

 ピューリタンではないマシラにとっては世の中は、まさに金より食い物だな。宗派を信じる人なら怒るだろうが、 
 「ハレルヤ」
 の一言で年代物の一瓶うん百万円もするワインが味わえるなら、何回でも唱えるぞと欲っぽい。
 それでは今日残りの時間は心穏やかに寝ていようというわけにはいかない。

戯れ言索引  マシラのHP