昨日は所用のために夕方から大倉に行った。

大倉のバス停(湿っぽい横殴りの雪に閑散としている)02/04
 天気予報ではピーカンの晴れと言っていたはずなのが、乗った電車が愛甲石田の駅を通過するあたりから大山方面を眺めると、山頂から三峰・宮ヶ瀬湖方面に白い雲のカーテンがオーロラのようにたなびき、雪が激しく舞い落ちているらしいことがわかった。
 それを山歩きの人は大変だろうななんて眺めていたのだが、電車がトンネルを抜けて秦野市街に入っていったら車外は先ほどまで灯いていた照明灯のフィラメントがパッと切れたように暗くなっていた。
 「あれっ もう暗くなる時間だっけ 少し早いような気がするけど」外を改めて見てみる。辺り一面が白くなり、窓ガラスに顔を押し当てていた小さな女の子が「雪だ!」と叫んだ。
 バスに乗って大倉方面に向かう。松田の上空は青いのに上空は雪国の鉛色に覆われている。広場は雪に横風が交じり、外に出てバス待ちをしている人は誰もなく、ドングリハウスの出入口にひとかたまりの登山者がロビーに固まっていた。目を開けているのも煩わしいほどの雪に横風が混じり、吊り橋を渡るだけの間にジャンバーは真っ白になる程だった。

2〜5cmの積雪 2/5
 こんなふうな今週は所用のため山には行きませんでした。そこで以前に書きためていた小文を皆さんに恥ずかしくもなく見てもらおうかと思います。では  2006/02/05



親父の植林山

大倉のつり橋と大山 2/5 朝  
 いつだったかは正確にはわすれたけど上記は昨年の暇な時期に作成しました。


後日談(2006年の正月のこと)
 
 親戚の爺ちゃんが「寒い」といって枯れ枝を集めて焚き火しながら山仕事をやったんだって。
 冬の寒い日なんだから気持ちはわかるよ。だけど風のある日に焚き火しちゃあいけないな。本人も今ではそう思っているだろうさ。いまだにその時の釈明は無いと言うから推測に過ぎないけどさ。しかし、いまさらいい大人が「悪かったなあ」と言っても後の祭りさ。北風にあおられた焚き火は瞬く間に一面に広がり、本人では手が出せないほど広がっていった。
 沢の水からは300m程は離れた場所だ。近隣の市町村からの消防団が応援するといったって、これという鎮火の手だてもないまま、いいや消防のヘルコが何回か消火剤をまいたのは少しは利いたらしいけど、火の範囲はなすがままに拡大して山の木々は燃えてしまった。
その間、この爺さんは火が勢いが収まるまでの二日間を見える場所に立ちつくしボーッと火の盛る様子を眺めていたという。

 それを見ていた兄貴は、何でこの叔父さん、まさかこいつが火付けとは思わず、自分の山林に火が回るのが心配で眠れないのかなと思い「おっちゃん、少しは休んだ方が良いよ」と声を掛けたのだそうだ。

 そして、この火事でマシラが二歳の時に親父が植林した唐松の林が全焼した。完全にもらい火事だ。火付けの犯人がアイツだと分かっても、その人が親戚だとなれば、そこは田舎のことで、表だって文句も言えない。それでも火事から既に三ヶ月「一言くらいあっても良いよな」と憤懣やるかたない兄である。マシラには植林の思いでだけだが、兄には父亡き後の三十余年の長い手入れの全ての手間がかかっているのだからなおさらだ。他人様のちょっと不注意で五十余年の年月が全くの無に帰した。二本の檜も燃えてしまったとさ。
 「しょうがない 今度は檜でも植えるか」
この年で植林すると植えた本人は手入れをするだけで、おそらく息子の代でも間伐と枝降ろしを続け、まだ生まれ出ていないマゴが良い大人になるころにようやく材木となる。しかし、都内の会社に勤める息子が手入れを続けてくれるだろうか。その息子(孫)の代になったら全くこの地に縁無く大人になることも考えてないとならないから、そうなったら孫が山に愛着を感じるなんてことも期待して良いものかわるいのか、言ってみれば親子三代先を見据えた賭みたいなものだ。思わず
 「あの山、売っちまうか」となる。売却しても木のない山だから二束三文だ。
 「親父は売るなと言ったけど」と兄貴の悩みは尽きない。
 「悪いけどさ マシラ 親父が言っていた『家を建てるときには兄貴もおまえも弟もこの木を切って家の土台を作れ 好きなだけ切って言い』と言ったのはなしにしてくれ」「もうおまえらにやる親父が植えた木は燃えて無くなったということだ」
 「これから俺が植え直す木は俺の孫のものにさせてくれよな」
 「そうじゃなければ、もう一度、いちからやり直すなんて気が湧いてこないんだから いいだろ」
 山はすでに親父が亡くなったときに財産を引き継いだ兄の持ち物であり、弟たちに相談するなんて本来不要なことなんだが、親父の言っていたことを頑なに引き継ごうという兄の言葉にただただ
 「頼むさ 兄貴 しっかりやってくれ」と深く頷くだけだった。兄貴が木を再び植えようと気力を立て直したことが救いだな。

 もう、マシラがあの山に行くことは無いだろうな。すこし昔の思い出の地なんだ。


頁トップへ  マシラのHP